ファシズムとコミュニズム~河合栄治郎による二・二六事件批判~

河合栄治郎 二・二六事件に就て 二・二六事件に対する批判は多いけれどもその一つ。河合栄治郎は自由主義者でありファシズムに反対し、思想弾圧を受けた人であります(河合栄治郎事件 - Wikipedia)。短い文章なのでご興味があればぜひ。 ○○主義というのはだ…

台湾統一地方選での与党民進党の大敗の原因

中国、台湾への圧力強化 地方選での与党民進党大敗で(ロイター) - Yahoo!ニュース 台湾で民進党が大敗したのは日本にとっては大変残念な結果でした。選挙前から厳しい予想がされていたので驚きということはありませんでしたが。 日本もそうですが、台湾も…

メディアの傾向の判断

インターネットの時代と言われて久しいものの、未だにマスコミの影響というのは巨大であります。しかし一方大勢としてマスコミ不利の流れは加速していくでしょう。 いずれにしても出来るだけ正確な情報を得たいと考える人は今どうするべきでしょう。かつては…

習近平新時代中国特色社会主義思想と高考

中国や韓国への過剰な配慮を日本人に求める左翼の方々は愛国心を教育することなどを否定しますが、それらの国で愛国心を教育することは普通のことであります。愛国心教育の是非はともかく、彼らは中国韓国等での愛国心教育など、日本で行われれば彼らが気違…

杉田水脈氏へのバッシングと稲田朋美氏へのバッシングの違い

headlines.yahoo.co.jp 第4次安倍改造内閣発足以来、まあ予想通り批判が多いわけですが、よく見るのは柴山昌彦文科相の教育勅語に関することでしょうかね。上記の記事はその件を初めとして、様々な閣僚の”問題点”が指摘されております。その中でやはり暫く前…

韓国観艦式自衛隊不参加決定を受けて

headlines.yahoo.co.jp どうなることかと思っていましたが取り止めになるとはね。当ブログは保守系にしては韓国への批判は抑えめにしてましたが、やはり腹立たしいです。というか呆れてるというか。 現実的に日本と協力すべきかどうかよりも、意味不明な面子…

玉城デニー氏の勝利を受けて

沖縄県知事選挙、玉城デニー氏が当選とのこと。最近サボってたものの沖縄の重要性を度々説いていた私としては非常に残念な結果となりました。色々と言いたいことはありますが二つ。 まず一つ目、特にエッチくんが言ってたことですが、今の沖縄の混乱をもたら…

枝野幸男の内閣不信任案演説と斎藤隆夫の反軍演説

ほとんどの人が何のためにやってるのか分からないであろう内閣不信任案の提出。枝野さんらの支持者が名演説と絶賛して、後世斎藤隆夫の反軍演説に比肩するものとして評価されるだろうとTwitterなどで書いてるのを見たので一言。 youtu.be note.mu 評論するか…

石原莞爾6~昭和維新とアジア主義~

満州国 ~石原莞爾編~ - 王蟲の子供石原莞爾2 - 王蟲の子供石原莞爾3 ~最終戦争への準備期間としての統制~ - 王蟲の子供石原莞爾4 東亜・大東亜の範囲 - 王蟲の子供満州国4~石原莞爾の中国観の変遷~(石原莞爾5) - 王蟲の子供 昭和維新とは五・一五…

満州国4~石原莞爾の中国観の変遷~(石原莞爾5)

満州国 ~石原莞爾編~ - 王蟲の子供満州国2 ~満州人脈編~ - 王蟲の子供満州国3 ~大東亜共栄圏と左翼の思想的類似性~ - 王蟲の子供 石原莞爾2 - 王蟲の子供石原莞爾3 ~最終戦争への準備期間としての統制~ - 王蟲の子供石原莞爾4 東亜・大東亜の範囲…

石原莞爾4 東亜・大東亜の範囲

満州国 ~石原莞爾編~ - 王蟲の子供石原莞爾2 - 王蟲の子供石原莞爾3 ~最終戦争への準備期間としての統制~ - 王蟲の子供 前回、国家主義から世界統一に向かう中間に国家連合の時代があり、それが4つに収斂しつつあるという石原莞爾の主張に対し、論拠が曖…

石原莞爾3 ~最終戦争への準備期間としての統制~

満州国 ~石原莞爾編~ - 王蟲の子供石原莞爾2 - 王蟲の子供 石原莞爾の考えがマルクス主義に似てると書いたのは、必然的な歴史的段階を辿ってマルクス主義ならば共産主義社会の実現、石原莞爾なら世界統一がされ(マルクス主義でも世界革命という考えがある…

石原莞爾2

さてさて「最近朝鮮事情」についてのシリーズが終わりましたところで、中断してた満州国関係のシリーズを続けたいと思ったのですが、満州国で括るのはちょっと保留して石原莞爾について書きたいと思います。 満州国 ~石原莞爾編~ - 王蟲の子供満州国2 ~…

最近朝鮮事情所感13

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感6 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感7 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感8 - …

最近朝鮮事情所感12

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感6 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感7 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感8 - …

最近朝鮮事情所感11

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感6 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感7 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感8 - …

最近朝鮮事情所感10

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感6 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感7 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感8 - …

最近朝鮮事情所感9

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感6 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感7 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感8 - …

最近朝鮮事情所感8

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感6 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感7 - 王蟲の子供 朝鮮の病気と葬儀につ…

最近朝鮮事情所感7

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感6 - 王蟲の子供 今回は朝鮮人の服装についてのことからです。有名な白服…

最近朝鮮事情所感6

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感5 - 王蟲の子供 続きまして朝鮮の人について。ここはまあ朝鮮人が如何に不潔で怠惰かってことを書いてま…

最近朝鮮事情所感5

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感4 - 王蟲の子供 当時の朝鮮の教育事情。ここは一般に思われてるのと少し違うかもしれません。 従来朝鮮の教育は、ちょうど維新前の日本の…

最近朝鮮事情所感4

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供最近朝鮮事情所感3 - 王蟲の子供 続いて朝鮮の国体について書かれています。ご想像の通り上から下まで人心腐敗してる惨状が述べられえてます。まあ一例を引用。 ところがこの大韓国はほかの…

最近朝鮮事情所感2

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供 連載第二回です。まず当時の朝鮮の人口について。 人口は1000万人という。しかし確かな調べは分からないので、800万人という人もいればまた1200万人いるという人もある。外国人は、日本人が4万、支那人が400…

最近朝鮮事情について書く理由

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供 第一回を書いてから書くのもなんですが、これを書こうと思った理由はちょっと今の保守の一部に嫌韓や戦前礼賛の傾向が見受けられるのに警鐘を鳴らしたいというのがあります。 はっきり言って今の政治を見てもこれまで接した…

最近朝鮮事情所感1

日韓併合以前の朝鮮の見聞録というとイザベラ・バードの「朝鮮紀行」が有名だけれども、日本人の書いたものに「最近朝鮮事情」というものがあります。「朝鮮紀行」は日清戦争前後のことが書かれてますが、「最近朝鮮事情」は日韓併合少し前、1906年発行だそ…

最近朝鮮事情所感3

最近朝鮮事情所感1 - 王蟲の子供 最近朝鮮事情所感2 - 王蟲の子供 京城の様子について書いてある部分ですが、国際関係について参考になることが書いてあるので長めに引用します。 京城は特に外国人の為にその居留地域をきめた専管居留地というものはなくて…

閉ざされた言語空間 日本、中国、韓国

VPNと言って何だか分かる人はどれぐらいいるんでしょう。検索すると主に企業などでビジネス用途で使われることが多いらしく、まあ私には関係のない世界なので全然わからないのですが、中国人とインターネットで話してるとよく聞く言葉です。 ご存知の通り中…

各国の思惑絡むシリア爆撃

www3.nhk.or.jp さてイギリスが潜水艦を派遣したというニュースを聞いたと思ったらすぐに軍事攻撃のニュースですね。あの地域は複雑すぎるので大抵の人は分析を諦めてしまうぐらいのところですが、まあ大きなところでは、アサドがシリア国民を虐殺しまくって…

「農奴解放記念日」及び「南京大虐殺犠牲者国家追悼日」

3日前中国人の一人(最近交流アプリで知り合っただけで特に仲良いわけではない)からこんな画像が送られてきました。何の脈絡もなく送ってきたのですが。 そうなんですねー。そういえば数年前Facebookなどでフリーチベットの画像が流行のように沢山シェアさ…