読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山手線ステルスラリーと日本橋公会堂で行われた慰安婦パネル展のご報告

7日8日と私自身が深く関った二つの企画がありましたので一応ご報告を。まずそれぞれの企画についてのエントリーを。

山手線ステルスラリー - 王蟲の子供

保守層が強い中央区で行われる慰安婦パネル展 - 王蟲の子供

 

まずステルスラリーだけど単純に楽しかった。はっきり言ってただのお喋り会だしね(笑)。ある人のアイデアで誰か一人あまり政治の話に無知な人の役をして「えー?そうなのー?朝日ってひどいねー。」みたいなことを言わせたんだけど笑えるw単純にお互いの知ってる情報交換にもなり興味深い話もいくつかゲットしました。初めての企画だったので今後発展するといいな。限りなく楽な企画だと思うのでみなさんお気軽にね!ちなみに山手線がメチャ混みだったので中央線を東京三鷹間あたりを行ったり来たりしました。

 

そしてパネル展。パネル展自体はすでに全国で数えきれないぐらいやられてるようなのですが中央区でやるのは初めてということで。今回は士魂の会の主催。私がそちらとパネル展を多くやっている捏造慰安婦問題を糾す日本有志の会との間を取り持った企画だったので、ものぐさな私も頑張らねばとそれなりに頑張りました。反省点は多かったけれど。

 

それはさておきパネル展自体ですが当日雨だったこともあり入場者は大入りとまではいかないものの来てくれた人は皆本当に熱心に見てくれていました。アンケートなどもとても好意的なコメントを多くいただきました。このイベントを何で知ったかという質問ではFacebookとチラシの人が多かったです。

 

有志の会はFacebookでは5000人を超える人が入っておりますが実働部隊として動くのは10人~20人ぐらいです。つまりFacebookではそれなりの存在感があるのかな。チラシに関しては当日駅前で撒く予定の分が雨のせいで撒けなかったのが残念。しかしチラシを見て来ようと思う人は限られており来ようと思っても当日の都合で来れなかった人もいるだろうと考えるとそれなりに目を通してくれている人は思ったより多いのかも。

 

さてこの二つのイベントには共通点があり両方とも愛国女性の集い花時計さんに協力いただいたことです。ステルスラリーの参加者は花時計のメンバーが多く、パネル展のチラシも花時計の方にポスティングをしてもらいました。上記のようにポスティングというのは通常効果が目に見えないけれど実際思ったよりも効果があるのかもしれません。花時計のみなさん、ありがとうございましたー^^