読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の混乱と翁長雄志・下地幹郎

沖縄 選挙

浦添市長選挙、現職松本哲治氏大勝 - 王蟲の子供

先日の浦添市長選挙は全く嬉しい結果でしたが、このような記事を見つけました。

松本哲治・浦添市長再選 ! — 変わり始めた「沖縄の潮目」

 

沖縄の状況は幸福の科学統一教会などのカルトも入れ乱れ、もう訳がわからない感じがあるのでこの記事もどの程度妥当なのかよく分かりませんが、翁長さんが移設反対派の票欲しさに那覇軍港の浦添移設問題を争点化したとあり、翁長さんの転向の理由として納得がいくと感じました。

 

私自身そうですが、今の沖縄の選挙は基地問題などが争点と見てしまい、候補者には同情する点もありますね。上記の記事のように沖縄がー「基地問題から自由な沖縄」を指向する有権者が増えているーとすれば良い傾向ですね。

 

さて今回の浦添市長選挙に関し、翁長陣営と言える又吉さんを応援した人に儀間光男さんという方がいますが浦添の前市長です。今は参議院議員日本維新の会所属です。上記の記事によると

驚いたことに、選挙戦終盤になって、維新・下地幹郎衆院議員のグループがこれに相乗りしました。下地氏が浦添市内に「権益」を持つのは周知のことですが、松本市長の下では、自分たちの権益は守られないとの判断が働いたのでしょう。 

 とのことですが、このグループってのが儀間さんたちのことなんでしょう。儀間さんや又吉さんの人となりは知りませんけど、下地幹郎さんはやはり沖縄を混乱させる一人ですね。維新は現民進党へ行った人たちと分かれた後はマシだと思うんですが、まだ何とも言えない勢力ですねえ。もちろん自民だって変なのがいるわけですが。

 

さて次の沖縄の市長選挙は4月23日のうるま市町選挙です。

うるま市長選挙(平成29年4月執行) | 選挙関連 | 市政・財政・議会・選挙・統計・基地・公売等 | うるま市役所

現職の島袋俊夫さんが立候補予定で前回は無投票で当選したそうです。