読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足立康史議員の懲罰動議とおおさか維新の政局におけるスタンス

保守の戦略 選挙

最近懲罰動議が出されたおおさか維新足立康史議員。お維新はさすが大阪というのか口の悪いのが多いですが、それがまあ面白さになることもありますし国会のつまらない中継を見てる中ではこういうのもいいかもね。かれの質疑の一例。

www.youtube.com

さてこの動画の最後で同じ経産省出身の岸博幸さんに対する反論をしてます。岸さんの足立さんへの批判動画はこちら。

www.youtube.com

二人で討論したらどうなるのか知りませんけど視聴率は岸さん方があるんでしょ多分。こういう人たちの言葉を真に受けないリテラシーは当然必要なんですが、そこまで考えずに適当についてるテレビ見るって人も多いからテレビの罪は重い。

 

さて僕はおおさか維新を支持していませんが、本来ならば次世代の党がこの役割をすべきだったと思ってます。今の存在感のなさはある意味国会軽視の結果か。政治にはパフォーマンスもとても大事なことなのです。政治家自身ができないなら出来る人を雇えばいい。

 

さて夏の選挙どうなりますかね。おおさか維新も支持率高いわけではないけど自民も民主も嫌という受け皿としては可能性を感じますね。繰り返しますが支持はしてません。でも次世代の党がやりたかったポジションにおおさか維新が入れば「政治は結果」という点から見たらおおさか維新は評価されていい。正直好きな政治家一人もいませんけどね。

 

cf.関連

浜田和幸議員の日本のこころを大切にする党からおおさか維新の会への移籍について - 王蟲の子供