挺対協のベトナムへの謝罪

挺対協、ベトナム大使館前で「韓国軍の戦争犯罪を謝罪します」 (ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース

 

挺対協がベトナム大使館前でライダイハンの問題として多少知られている韓国軍の犯罪について謝罪したようですが、これは突然したことではなく、前から挺対協が主導して作った碑文などでも言及していたと記憶しています。

 

沖縄米軍基地問題などでもそうですが、この問題に関しても純粋に良かれと思ってやっている人もいるのでしょう。しかし挺対協が北朝鮮の影響下にあることは前々から指摘されていることであり(大韓民国国家情報院が親北団体として監視してる)、本質的に日韓離間のための存在であるという観点からも特に矛盾するものではありません。

 

挺対協の性質は、ある程度知られているとは思うのですが、慰安婦問題を語る時の前提知識の一つですので、一応改めて簡単に書きました。

 

この問題を女性の人権問題一般にすり替えようとしているこの動きは全く喜ぶべきことではありません。

アサドを批判するシーア派シリア人はいないのか ~シリア人と会話7~

アサド大統領はシーア派の一派とされるアラウィー派の人物ですが、シリア国民の多数派はスンニ派です。アフマド君に「アサドのやっている行為に対して反対するシーア派のシリア人はいないのか」と聞いたら「20人ぐらいいるかもしれない」とのこと。ちょっと笑ってしまいましたが基本的にはほぼいないということのようです。

 

シーア派の特徴を超ざっくり言うと、第4代正統カリフのアリーとその血統を非常に重要視してることです*1。アーシュラーの祭りというのが象徴的なので興味のある方はググってどうぞ。一方スンニ派は血統よりもスンナ(ムハンマドの指導した慣行)を重視する派閥です。

 

イランで現在シーア派が主流を占めるのはサファヴィー朝シーア派を国教にしたことから始まりますが、サファヴィー教団はもともとスンニ派に近い教義だったが家督争いに関係しジュナイドがシーア派接近したという経緯があり、つまり多分に政治的な要素がシーア派の分布に関係してる。まあ他の宗教にもよくあることか。

 

まあとにかく現状シリアに置いてシーア派スンニ派の断絶は結構大きいようです。しかしこの点に関し、アフマド君は信仰の問題は政治的な問題が解決すればそれほど大きな問題にはならないだろうと考えてるようです。まあそれは僕には分かりませんが、現状中東各国では宗教が政治に利用されているという側面が大きいことを考えるとある程度納得のいく考えではあります。ただもちろん政治的な問題が解決するということ自体がまずとてつもない難題ではありますが。

 

さてそんな中、ビンラディンの息子がシリアにおいてシーア派に対する聖戦を呼びかけたというニュースが。中東は本当に複雑で僕も昔色々調べたけど諦めました。せっかくシリア人と知り合えたので再び追いかけております。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

シリア人との会話 - 王蟲の子供

シリア人との会話2 - 王蟲の子供

エルドアン大統領 ~シリア人との会話3~ - 王蟲の子供

日本の難民受け入れについての一シリア人の意見 ~シリア人との会話4~ - 王蟲の子供

日本の中東に関する報道 ~シリア人との会話5~ - 王蟲の子供

対話とは ~シリア人と会話6~ - 王蟲の子供

*1:今の指導者たちはアリーの子孫ではないので、アリーの血統は関係ないんかというツッコミを入れたいところではありますが、彼らの教えでは12番めのイマームは隠れていてそのうち現れると考えてるそうです。

対話とは ~シリア人と会話6~

昨今の外交について対話対話という人たちにはうんざりしてる人も多いと思います。経験上そういう人の多くも大概自分と違う考えの人と対話をしなかったりするし。

 

さてここで最近頻出してもらってるアフマド君との対話の一部を見てもらいましょう。

f:id:soloflight:20170912221323j:plain

 

前半のイスラムについての説明が写真の添付になってる理由はよく分かりませんが、その方が便利が良いそうで。まあそっちはほんとにムスリムなんだろうという信憑性が高まるかなと思って序に残しただけです。

 

後半は私が北朝鮮による拉致事件について説明したことへの返し。

弱者は強者の条件を受けるときに今の腐った世界では対話と呼ばれている 

 なかなか重い言葉ですね。

 

対話でも圧力でもいいんですが、現実的であることを忘れないようにしたいものです。

 

 

シリア人との会話 - 王蟲の子供

シリア人との会話2 - 王蟲の子供

エルドアン大統領 ~シリア人との会話3~ - 王蟲の子供

日本の難民受け入れについての一シリア人の意見 ~シリア人との会話4~ - 王蟲の子供

日本の中東に関する報道 ~シリア人との会話5~ - 王蟲の子供

中国の軍訓に萌える

中国では9月が入学シーズンです。そしてまずやるのが軍訓と言われるものです。まあ検索してもらえば書かれてる通り、軍訓とは言っても心身をを鍛えるためという意味が大きいらしく本格的な軍事訓練をやるというわけではないようです。とは言えかなり長時間やるし結構きついみたいで。

 

女子もやります。というわけで本年大学に入学したの小玉ちゃんの制服姿。全然可愛くないと不満げでしたが超可愛い…。

 

f:id:soloflight:20170907203107j:plain

 

f:id:soloflight:20170907201111j:plain

二枚目のショットは訓練終えて着替え終わった後に、軍服姿を送ってくれというおじさんのリクエストに応えてくれたものなので上だけ。ギャップ萌えって感じですね。

 

ところでこのオタク言葉から来た「萌え」って言葉は中国でも使われてまして、「萌(meng2)」と言い、多分ほぼ同じ意味で使われてる気がしますがむしろ日本よりも気軽に使ってる感じ(不確か)。というかあまりオタク的な印象がない感じかな。日本から伝わった言葉ですが小玉ちゃんはそれを知らなかったぐらい一般的な言葉になってるようです。いい年したおっさんが18歳の中国女子に「你真萌(あなたってば超かわいいっ)♡」って言われて鼻の下を伸ばしながら中国語を勉強してる姿を想像して気持ち悪がってください。

 

一応小玉ちゃんのやってる訓練の例としては、行進、腕立て、スクワット、蛙跳び(って何?)、銃の撃ち方、軍歌を歌う等だそうです。まだ期間の半分ぐらいなので新たな訓練もあるかもね。銃の撃ち方は昨日初めてやるまであると思ってなかったそうなので。そして毎日日記を書かなくてはいけないらしい。毎日似たような訓練なのに何を書けばいいのかと参ってます。この軍訓についてネットで検索しても色々違う内容が書かれてると思いますが、学校によって内容がそれぞれ違うからのようですね。

 

ちなみに台湾にも軍訓はありますが、高校と大学一年は必修科目ということで中国のように短期に集中的にやるのとは違うようです。今は国防通識というそうで。

日本の中東に関する報道 ~シリア人との会話5~

シリア人との会話 - 王蟲の子供

シリア人との会話2 - 王蟲の子供

エルドアン大統領 ~シリア人との会話3~ - 王蟲の子供

日本の難民受け入れについての一シリア人の意見 ~シリア人との会話4~ - 王蟲の子供

 

最近はアフマド君というスンニ派シリア人の話を聞いて自分でも調べたりしてるわけですが、残念ながら他のアラブ人やイラン人から話は聞いてないので(ムスリム自体はインドネシア人からは沢山聞いてる)かなり偏りがあるかもしれないことを忘れないとした上で、まあやはり中東情勢においてイランはかなり大きなキーになってるようですね。アラブ人国家でないにも関わらず、アラブ国家に大きな影響力を持っている。具体的にはシリア、レバノンイラク、イエメンです。詳細はまたの機会に譲りますが、イランはシーア派の世界の盟主としての地位を確かなものにしつつあるようです。イスラエルへの反感などを上手く利用してる。

 

そしてここが我々日本人からすると重要であり分かりやすいところでありますが、イランやシリアのアサドは北朝鮮と深い関係を持っているということですね。まあ未だに日本にも北朝鮮を擁護する人がいるぐらいですし、盗人にも三分の理ということで、それぞれにそれぞれの言い分があるということは分かりますが、でも所詮は「盗人」ですよ。放っておいていいということにはならないと思いますがね。ところでシリアでは金正日はアサドの先生と言われてるそうです。アサドのお父さんの先生は金日成ですね。

 

しかしイライラ戦争のころから現状を見ると、アメリカはなんだかチグハグで何をやってるんだという感が深くなるなあ。今も中東にどうコミットしていくつもりなのかいまいち見えないし。まあこれは非独裁国家の弱点かもね。

 

しかしフランスのマクロンはアサドの排除にこだわらないと表明し、イランとの強調拡大で合意というニュースもありました。シリア国民(の多数)にとってはあまり希望の見えない状況のようです。他の西側諸国もそんな感じみたいだけどアメリカとフランス以外は日本語の記事は見当たらなかった。あるかもしれないけどとりあえず英語のソース。レバノンのメディアですが元記事はイギリスのタイムズ。

Assad is Here to Stay, West Tells Syrian Opposition: The Times – Al-Manar TV Lebanon

 

ところでアフマド君と話すようになって思ったのは中東に関する日本の報道はそれほど偏っていないかもしれないということ。例えば下の記事もアフマド君の言うこととあまり矛盾はしてない。書いてる人の思想は私と全く異なりますが。

結局のところ、「シリア内戦」は今どうなっているのか? (末近 浩太) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

 

アフマド君の送ってくれた風刺画とシリアの現状の地図。Oppositionってのは反アサド組織のことらしいっす。

f:id:soloflight:20170901200803j:plain

f:id:soloflight:20170901201003j:plain

北朝鮮のミサイル発射について

腹立たしいのは、騒ぐのが悪いみたいなことを言う人たちで。前回も同程度の騒ぎになった時、海外では大したニュースじゃないとか言ってた人もいましたね。いいえ、前回も今回も海外でもこれは大きなニュースになっております。何人もの海外の私の友達が心配して連絡をくれました。もちろん軽重はあるでしょうが(例えば台湾では日本では全く話題になっていないユニバーシアードで大盛り上がりです)そうやって連絡をくれる人が何人かいる程度にはニュースになってるってことです。

 

まあ北朝鮮を刺激すべきじゃない、ということまでは一応理解できなくはないですが、騒ぐのが大衆煽動だみたいのまで行くとちょっとおかしい。しかし、そういう人が多ければそういうものかなと思ってしまうのが人間でしょう。私のリアルの知り合いもテレビ局がたくさん北朝鮮報道をしてるのはテレビ局の安倍政権への”忖度”だとかいってました。

 

数は力。ということなのでとりあえずちょっとそれはおかしいんじゃないかということを表明。そして海外でもちゃんと大きなニュースになっているということのお知らせ。でした。

 

何についてでも自分で色々確認するのが大事ですが、そんなことしてられない人がほとんどでしょう。一応海外の知り合いが多いということは多少このブログに目を通してもらってたら分かると思うのでそういうことからも一応書いておきました~。

日本の難民受け入れについての一シリア人の意見 ~シリア人との会話4~

シリア人との会話 - 王蟲の子供

シリア人との会話2 - 王蟲の子供

エルドアン大統領 ~シリア人との会話3~ - 王蟲の子供

 

日本ではまだ難民というとニュースの中の出来事ということで真剣に考えている人は少ないでしょう。まあ個人的な意見はとりあえず置いておき、難民になる可能性のあるアフマド君の意見を聞いてみましょう。日本政府が難民を受け入れる上での彼の意見ですね。

1トルコとレバノンとヨルダンにいるシリア難民以外に受けるな。

2アサド政府に頼るな。

3アサドと関係のないシリア人団体と交渉する。本当にシリア人なのかの確認をそことする。

4難民を受け入れても例えば半年に悪いことを3つしたら強制送還する。

 

1については少し分かりづらいですが、つまりそこにいるシリア難民が数も多いし一番困ってるからだそうです。特にレバノンが酷いとのこと。2、3についてはまあアサドを信頼するかどうかということですからまあね。シリアの支援に国連を通すなとも言ってたけど、難しいとこでしょうね。4については細かい規定はともかく受入国と難民の双方に問題はないでしょうが、いわゆるリベラルと言われる人たちが強制送還に反対するだろうから現実的に出来るのかというのが心配なことになるでしょう。

 

まあ受入国としては主に4が問題になるわけですが、書いたようにはっきり言えば”まっとうな”難民とそうでない人たち、例えばシリア人だと偽って難民になろうとする人とかね、そういうのを区別すること自体を差別だとかする人たちがいるので、めんどくさいから受け入れは一括して拒否したいという気持ちになる人も多いでしょう。”まっとうな”難民たちにとってリベラルの人たちこそ障害になっている可能性もあるんだと、最後に個人的な意見を書いておきます。

 

というようなことを言ったらアフマド君は「日本政府は何をやっているんだ!」と怒ってましたけどね。日本政府が情けないことは確かかもしれないが、政府自身正しいと思っても出来ないことも多いんだと言い訳しました。