読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友学園の国有地売却問題と安倍首相の醜聞

左翼の戦略 マスコミ

森友学園の問題、既に色んな人が色んなことを言っていて付け加えることもないんだけど、安倍首相に累が及ぶことはないんじゃないか。

 

安倍首相にこの手の醜聞のようなものは出て来ないのではないかな。あったら朝日新聞を始めとした勢力が既に見つけて吊し上げてると思うんだよね。

 

国有地の払い下げ問題についてはむしろ他のところに飛び火して藪蛇になるなんて予想もありますが、そんなことを利用しないとならないほどネタに困ってるのかなあというのが正直な感想。

 

テロ等準備罪(共謀罪という言葉を使い続けて印象操作しようとしてる方々がいますが、正直共謀罪でいいと思うんすけどね)の成立に焦ってるなんて見方がありますがそんなとこなんでしょうか。

 

しかし民進党でも褒めるべきところがあるなら褒めてもいいんだけど本当にほぼ見つけられないんだよねえ。やることが幼稚すぎだし。

 

しかし問題はその幼稚なことにでも振り回される人も実際に多いということですね。国会とかちゃんと見てれば民進党のどうしようもなさっぷりは誰でもわかると思うんだけど、普通は見ないからね。編集されたニュース映像を見ればなんか頑張ってるように感じる人もそれなりにいるんでしょう。

 

今回のことで政権へ大きな影響があるとは思いませんが、やはり相変わらずマスコミが問題であること、それに踊らされる人が多いということが再確認される一件でしたマル

沖縄の混乱と翁長雄志・下地幹郎

沖縄 選挙

浦添市長選挙、現職松本哲治氏大勝 - 王蟲の子供

先日の浦添市長選挙は全く嬉しい結果でしたが、このような記事を見つけました。

松本哲治・浦添市長再選 ! — 変わり始めた「沖縄の潮目」

 

沖縄の状況は幸福の科学統一教会などのカルトも入れ乱れ、もう訳がわからない感じがあるのでこの記事もどの程度妥当なのかよく分かりませんが、翁長さんが移設反対派の票欲しさに那覇軍港の浦添移設問題を争点化したとあり、翁長さんの転向の理由として納得がいくと感じました。

 

私自身そうですが、今の沖縄の選挙は基地問題などが争点と見てしまい、候補者には同情する点もありますね。上記の記事のように沖縄がー「基地問題から自由な沖縄」を指向する有権者が増えているーとすれば良い傾向ですね。

 

さて今回の浦添市長選挙に関し、翁長陣営と言える又吉さんを応援した人に儀間光男さんという方がいますが浦添の前市長です。今は参議院議員日本維新の会所属です。上記の記事によると

驚いたことに、選挙戦終盤になって、維新・下地幹郎衆院議員のグループがこれに相乗りしました。下地氏が浦添市内に「権益」を持つのは周知のことですが、松本市長の下では、自分たちの権益は守られないとの判断が働いたのでしょう。 

 とのことですが、このグループってのが儀間さんたちのことなんでしょう。儀間さんや又吉さんの人となりは知りませんけど、下地幹郎さんはやはり沖縄を混乱させる一人ですね。維新は現民進党へ行った人たちと分かれた後はマシだと思うんですが、まだ何とも言えない勢力ですねえ。もちろん自民だって変なのがいるわけですが。

 

さて次の沖縄の市長選挙は4月23日のうるま市町選挙です。

うるま市長選挙(平成29年4月執行) | 選挙関連 | 市政・財政・議会・選挙・統計・基地・公売等 | うるま市役所

現職の島袋俊夫さんが立候補予定で前回は無投票で当選したそうです。

金正男の暗殺 半島有事はあるのか

国際問題

色々ありますがやはり一番ショッキングなのは金正男の暗殺でしょう。

北朝鮮の硬化を懸念=金氏殺害で情報分析急ぐ―日本政府 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

安倍トランプゴルフ会談直後の「祝砲」への安倍首相の共同会見のニュースもまだホットなこの時期。

 

時に少なくとも日本ではアメリカは中東のようには北朝鮮武力行使に出ることはないという見方が大勢だと思いますが、前にも書いたように僕はあり得ないとは思ってません。少なくとも計画ぐらいは練ってるはず。アメリカはそういう国だからね。脱線するようですが知らなかったらオレンジ計画とか調べるといいと思います。

 

青山繁晴さんのこんな動画を見つけました。つまりアメリカがそういう計画をしてるということらしいです。青山さんのこの情報の確度は分かりませんが、まあ僕は驚きません。

 

青山さんのこの動画によると以前に一度実行直前まで行ったということで今回も実行されるかは決定する方次第ですが、東シナ海での武力衝突とは別に気をつけておくべきことでしょう。

 

さてフリン氏が辞任ということですが、安全保障担当でしかも辞任の理由がロシア関係ですから計画や優先順位にも影響はあるんでしょう。アメリカさんのことはアメリカさんの決めることですから、いずれにしても日本は有事への備えを淡々と進めるしかないでしょう。もっと自発的に色々したいとこですが、外圧でしか動かないことが多いのも日本の現実ですからね。

他人に迷惑をかけても清水富美加は出家すべきか

宗教

清水富美加さんの引退(?)騒動について。多くの人が批判する中、伊集院光さんがそのことに違和感を感じると述べた件が話題になっているようで。

伊集院光、清水富美加を巡る騒動に「意見が一色なことに気持ち悪さを感じる」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

批判の大半は仕事を途中で放棄するのは人に迷惑をかけるということだと思います。例えば。

「これから救済していこう、人に幸せを与えていこうということを出家してやりたいわけでしょ? でもその前に、仕事を残したことによって不幸になる人がいっぱいいるわけじゃないですか。まずその人たちの事を考えて、そこをキレイにして行きなさい」

清水富美加騒動に竹山苦言「不幸になる人いっぱい」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 個人的にはまあ伊集院さんの意見(簡単にまとめられないので良かったら直接記事を御覧ください。まあまあ面白いし)に近いけどもちろん他人に迷惑をかけるのは良くないというのも理解できますね。ただこの竹山さんの苦言に関しては出家の志と矛盾するんじゃないかと上手いことを言ってるつもりな感じがちょっとね。と思って出家とについて書いてある徒然草の一節を、以下に原文と訳文と転載させてもらいますが、要するに「これが終ってから」「ちゃんと準備してから」とか言ってるといつまでも出来ないよと。

大事を思ひ立たん人は、去り難く、心にかからん事の本意を遂げずして、さながら捨つべきなり。「しばし。この事果てて」、「同じくは、かの事沙汰し置きて」、「しかしかの事、人の嘲りやあらん。行末(ゆくすえ)難なくしたためまうけて」、「年来(としごろ)もあればこそあれ、その事待たん、程あらじ。物騒がしからぬやうに」など思はんには、え去らぬ事のみいとど重なりて、事の尽くる限りもなく、思ひ立つ日もあるべからず。おほやう、人を見るに、少し心あるきはは、皆、このあらましにてぞ一期は過ぐめる。 近き火などに逃ぐる人は、「しばし」とや言ふ。身を助けんとすれば、恥をも顧みず、財をも捨てて遁れ(のがれ)去るぞかし。命は人を待つものかは。無常の来る事は、水火の攻むめるよりも速かに、遁れ難きものを、その時、老いたる親、いときなき子、君の恩、人の情、捨て難しとて捨てざらんや。

 

[現代語訳] 大事(出家など重要なこと)を思い立った人で、何かに囚われて離れがたかったり、心のどこかにひっかかることがあって本意を遂げられないでいるなら、その全てを捨てたほうが良い。 『もうしばらくしたら。この事が終わったら』、『同じように時間がかかるならば、あの事もきちんとし終わってから』、『しかし、これは人に笑われるだろう。笑われないように確実に準備してからでないと』、『いや待て。長年の経験の蓄積があるのだから、その結果を見届けてからにしよう、波風が立って騒がしくならないように』などと考えていると、やり終えていない事ばかりが山積みになり、それらをやり終えることはできず、大事にかかる本意(本当に重要でやるべき出家など)を遂げる日はいつまでもやってこない。 いつか出家して仏門に励もうとしている大抵の人は、みんなこのような物事に追われた状態で死(臨終)を迎えてしまう。隣の家が燃えているのに、『暫く待ってから逃げよう』なんて言うだろうか。生命が助かりたいならば恥も忘れて、財産も捨てて家事から逃げるはずだ。寿命は人の都合など待ってくれない。無常の変化が押し寄せるさまは、大火のように大水のように凄い速さであるから、その無常から逃げることなんて出来ないんだよ。死ぬ時には、捨てがたいはずの親や我が子、恩義や情愛すら、みんな捨てざるを得ないのだから。

『徒然草』の59段~61段の現代語訳

 

ほう。こう見るとちょっと伊集院さんの言ってるのも近いことが書いてありますね。

 

ちなみに清水富美加さんが入信してるという幸福の科学保守系の活動をしているということもあり、回し者と思われるかもしれませんがもちろん関係ありませんと一応書いておきます。単に博識なとこを披露したかっただけです。

浦添市長選挙、現職松本哲治氏大勝

沖縄 選挙

自公推す松本氏が再選 沖縄・浦添市長選、新人又吉氏に8690票差 (沖縄タイムス) - Yahoo!ニュース

 

ここ最近では最も嬉しいニュース。先週の千代田区長選挙も重要でしたが、なんでしょうね、個人的な沖縄への強い思い入れでしょうか。

2月5日の千代田区長選挙と2月12日の浦添市長選挙 - 王蟲の子供

 

ここ数年で一番残念な結果の選挙が2014年の沖縄知事選でした。僕は事あるごとにこの選挙への準備を説いてきましたが、打てど響かず寂しい思いをしたものです。いずれにしてもなんだかんだ次の選挙は2018年11月ですから一応来年なんですね。もちろん誰が出るのかすら分からないのですが例えばこんな情報も。

2018年沖縄県知事選 中山義隆石垣市長は出馬するか? - japan-biz.com(ジャパンビズ)

次回はともかく前泊博盛さんも知事の座を目指してるとの噂も。

 

前にも書きましたが、知事選までは沖縄11市のうち現状9市で占めている保守系市長を一つも落とさないことが短期的目標、知事選で勝つのが中期的目標でしょうか。

 

そんな中

松本哲治氏 3万733票

又吉健太郎氏 2万2043票 

 ということで結構な差で勝てましたことは非常に嬉しい。参考までに前回2013年の結果は以下とのこと。

当 19717 松本哲治
  16997 西原廣美
  15501 儀間光男

【浦添市長選】松本哲治氏が当選 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 

4月にはうるま市町選挙があります。それに向けて動きたいです。もう俺は2014のような思いはしたくない。実際結果この沖縄の惨状ですからね。

 

まあとにかく今夜はめでたいめでたい!

辺野古反対の保守

沖縄 保守の戦略

在日米軍の家族 - 王蟲の子供

 

前回のエントリーを書いて思ったのだけど、やはり何か意見が合わないと全体的に敵視して全てを色眼鏡で見てしまうということはありますね。上記の件で言えば私は米軍基地反対運動してる人たちを嫌悪するあまり米兵による事件の被害者へ寄り添う気持ちというのが足りなかったかもしれません。もちろん読んでいただけば分かるように米兵の事件は責めているけれども少なくとも向こうはそう感じたでしょう。

 

左翼は一般的に弱者と言われる人たちの味方というスタンスでおりますので(実際にはそうなってない場合も多いし単に票を取る作戦だったりもするけど本当に感情移入して頑張ってる人ももちろんいる)、つい右側の人たちはそういうの全体に胡散臭さを感じ敬遠してしまいがちかもしれない。

 

しかし黒船により屈辱的外交を強いられ、第二次世界大戦で苦杯を嘗めさせられたアメリカは良かれ悪しかれ現在の日本に大きな影響があるわけで、米軍基地に反対する心情自体は理解できることでしょう。極端な人はどちら側にもおり、同じ保守に苦しめられ左翼さんから慰められた経験をした人もおります。

 

まあ前回のエントリーで書いた人ほどの場合は折り合えないとは思いますが、例えば辺野古の自然が壊されるのは嫌だなあという程度の人まで見下して敵に回すようなのは藪蛇というやつでしょう。ほとんどの人は政治にそのぐらいの知見しかないしそれを馬鹿にしては自分が現実からズレていくんでしょう。

在日米軍の家族

沖縄

アメリカの軍人が日本に赴任することになり、その奥さんが心配してインターネットで日本人の米兵に対する印象を質問していました。その回答者の中に随分と米兵に対する憎悪を表明している人がおり、基地問題に関しちょうど今高江のヘリパッドや辺野古の反対運動してる人たちと同じようなことを言っていました。私は「普通は問題ないけど一部の活動家が特に沖縄などでは異常な活動をしてるので不愉快に感じるかもしれません」みたいな回答をしました。

 

それに件の人が絡んできたので久しぶりに論争するのも一興かなと思ってやってみました。まあ言わずもがなの結果というか全く話は平行線で後味の悪いことになったのですが、でもやはりたまにはいいね。どういう考えをするのかとか参考になるしね。

 

自称30代の沖縄出身女性らしいのですが、とにかく米兵による婦女暴行や殺人事件のことばかり書き、なら自衛隊ならばいいのか、或いは自衛隊や米軍は全てなくなったほうがいいのかとか質問してもそれには一切答えない。犯罪だけでなく騒音問題もあるとかいうので自衛隊駐屯地や一般の飛行場についてはどう思うか聞いても、一般の飛行場と比べるなんてもっての外みたいな感じ。騒音のことを言うから言ったのに。自衛隊については何度聞いても答えなし。

 

こちらとしては一致点も探し、もちろん米兵の事件には憤ってるし、私は日米地位協定を改定し、将来的には自衛隊が米軍の役割の多くを代替すべきと思うがいかがかと言いましたが答えなし。

 

今までの経験からの感覚的なものですが、多分工作員ではなく(全て本当のことを書いてるかまでは分かりませんが)ほんとに拗らせた人という印象でした。本当に沖縄の負担を軽減したいならば現実的にやればいいのに。安全保障に関する代案もなく米軍が出て行けば幸せになれるみたいなこと言ってさ。そういう極端な人たちは自ら沖縄の負担の軽減を妨げているのではないかね。例えば辺野古への移転は負担軽減から出て来た話であるのに。

 

最終的にはお前の家にオスプレイが落ちればいいのにみたいなことまで言われてしまいました。考えが違うというだけでここまで言うかね。例えば地位協定の見直しとか同調できないもんかね。まあ地位協定に対しても意見違うかもしれないけどね。今改定作業が進められてもいるようですが。

 

多分ですけどこういう人も日常生活では普通の人なんだと思うんですよね。いや普通の人はオスプレイ落ちろとかまで言わないかな。いずれにしてもですね、このように自分の意見全てが聞き入れられなければ気が済まない人というのは危険だよねえ。正義は自分にあると信じており、被害者意識の塊なので、思うように行かないと暴力に訴える過激派が生まれるのも分かりますね。もしこういう人たちがクーデターを起こして成功したら私は彼らに対して暴力を持って戦うことになるんでしょうかねえ。どうなんでしょうねえ。まあいくら話し合いをしても最終的に必ず一致した結論が出るとは限らないということですよね。

 

しかし一番の被害者は赴任先が沖縄かどこか述べてないにも関わらず沖縄問題でさんざんスレを荒らされた質問者様でしょう。