ファシズムとコミュニズム~河合栄治郎による二・二六事件批判~

河合栄治郎 二・二六事件に就て

二・二六事件に対する批判は多いけれどもその一つ。河合栄治郎自由主義者でありファシズムに反対し、思想弾圧を受けた人であります(河合栄治郎事件 - Wikipedia)。短い文章なのでご興味があればぜひ。

 

○○主義というのはだいたい定義がよく分からないものも多いけどもファシズムは特に曖昧な気もします。全体主義ファシズムの違いも人によって色々あるようですが「全体主義と闘った男 河合栄治郎」という本もあるぐらいですから、まあだいたい同じように考えればいいんでしょうか。河合栄治郎自身の著書に「フアッシズム批判」ってのがあるぐらいですからそれを読みたいところですが、なんだか超高いし。。。

Amazon CAPTCHA

 

いずれにしても当時の自由主義者は今の左翼のようなのとは違うようです。というか当たり前なんですが、今のリベラルと言われる人たちがおかしいのであって。例えば。

ファッシストの何よりも非なるは、一部少数のものが〈暴〉力を行使して、国民多数の意志を蹂躙するに在る。国家に対する忠愛の熱情と国政に対する識見とに於て、生死を賭して所信を敢行する勇気とに於て、彼等のみが決して独占的の所有者ではない。

国家に対する忠愛の熱情と国政に対する識見とに於て、生死を賭して所信を敢行する勇気とに於て」と言える「リベラル」が今どれだけいるんでしょうか。今の「リベラル」とは違い彼はコミュニズム批判も大いに行った人です。この二・二六事件を批判する文章にもこうあります。

或は人あっていうかも知れない、手段に於て非であろうとも、その目的の革新的なる事に於て必ずしも咎めるをえないと。然し彼等の目的が何であるかは、未だ曾て吾々に明示されてはいない。何等か革新的であるかの印象を与えつつ、而もその内容が不明なることが、ファッシズムが一部の人を牽引する秘訣なのである。それ自身異なる目的を抱くものが、夫々の希望をファッシズムに投影して、自己満足に陶酔しているのである。只管に現状打破を望む性急焦躁のものが、往くべき方向の何たるかを弁ずるをえずして、曩にコンムュニズムに狂奔し今はファッシズムに傾倒す。冷静な理智の判断を忘れたる現代に特異の病弊である。

これは良いことをいうし、当時の状況もわかっていいですね。私は今の「リベラル」の人たちも戦中なら容易にファシズムに加担したんじゃないかと疑ってます。当時の状況もわかってと書きましたが、それは例えば次の部分からも読み取れます。

左翼戦線が十数年来無意味の分裂抗争に、時間と精力とを浪費したる後、漸く暴力革命主義を精算して統一戦線を形成したる時、右翼の側に依然として暴力主義の迷夢が低迷しつつある。

ここで書かれてるように左翼が「暴力革命主義」を精算したのかはともかく、二・二六事件当時において世間的にはコミュニズムは衰退しファシズム的空気が蔓延してたってことでしょうか。

 

蛇足ですが東條英機東京裁判に於いて証言した全体主義についての言及を書いときます。昭和十五年七月二十六日付の閣議決定された「基本国策要綱」の中のある「諸政を一新し」という言葉に対する質疑応答。

キーナン検察官 

その言葉で、あなたは完全な統制の枠に入った全体主義政府の樹立ということを意味していたのですか。

 

東条証人 

全体主義」ということが何を意味するか、私にはよくわかりませんが、要するに国家が最大の力を発揮するような行政をやって行きたい。こういうことです、結論すれば。

こういうのが石原莞爾が批判する「東條には思想がない」ってことの表れのひとつなんでしょうか。「国家が最大の力を発揮するような行政」という意味では石原莞爾もあまり変わらないような気がするのだが。これは石原莞爾のことを書いたときにも書いたけども、石原莞爾の「統制主義」など、当時の右翼思想は非常に共産主義と似ていますし、私は当時の右翼に共感出来ないところは多々ありますが、ファシズムにしてもコミュニズムにしても隆盛していた当時はそれなりの時代背景があったのでしょう。

台湾統一地方選での与党民進党の大敗の原因

中国、台湾への圧力強化 地方選での与党民進党大敗で(ロイター) - Yahoo!ニュース

台湾で民進党が大敗したのは日本にとっては大変残念な結果でした。選挙前から厳しい予想がされていたので驚きということはありませんでしたが。

 

日本もそうですが、台湾も無党派層が多いのでその時の世論で大きく動く。民進党が信を失った理由は色々あるんですが、政治に関心の強い人以外は人によって違うので様々な理由があるんでしょうが、台湾に住んでいないと感じられない空気ってのはあるんでしょうね。

 

まあいずれにしても理由を列挙すると、まず経済が不調であること。これに関しては例えば蔡英文さんが総統になってから中国の圧力があるということはよく言われ、まあその通りでしょうが、実際に蔡英文政権の失政がなかったかと言えばそういうわけではない。例えば労働政策の失敗、労働者も雇用主も非常に不満。次に年金改革の問題、改革の矢先に当たる軍人・公務員・教師たちからものすごく大きな反発があった。次には同性婚容認にめぐる諸問題、大量な資金を持つプロテスタント系保守勢力が猛反発。などあったようです。

台湾の働き方改革!?一例一休とは?完全週休二日制とその影響

 

国民投票7件成立 頼行政院長「尊重」立法院と協議へ/台湾(中央社フォーカス台湾) - Yahoo!ニュース

あまりニュースにはなってないかもしれませんが、同時に10件の国民投票がありました。日本関連では「福島など日本5県産食品の禁輸措置の継続」という残念な結果がありました。他に「2025年までに原発を停止する法律条文の廃止」「民法の婚姻は男女に限定」などは興味深いところです。両方蔡英文政権の公約ですからね。大きな停電があったために脱原発に味噌がついたようですね。ちなみにここで出てくる頼清徳行政院長は将来の総統候補の一人で、なってくれたら日本には有り難い人です。アメリカで言えばマルコ・ルビオみたいな。あくまで日本にとって嬉しいという共通点だけですが。

 

沖縄知事選に続き大変残念な結果でした。国際的には中国の勝利と言ってもいいと思うんですが、それを理解してる台湾人が少なそうなのがどうにも。はぁぁ。

 

追記:台湾人の友人から聞いた話で有用な話を聞けたら追記します。

メディアの傾向の判断

インターネットの時代と言われて久しいものの、未だにマスコミの影響というのは巨大であります。しかし一方大勢としてマスコミ不利の流れは加速していくでしょう。

 

いずれにしても出来るだけ正確な情報を得たいと考える人は今どうするべきでしょう。かつては例えばまるで正反対の朝日と産経を両方読めなんてことも言われました。それはそれで悪くないですね。

 

そしてこのやり方は週刊誌レベルでもインターネットメディアでも当然応用すべきですね。例えばBuzzFeedJapanとnetgeekでは朝日と産経、日刊ゲンダイ夕刊フジの関係を当て嵌めてもいいでしょう。

 

新しいネットメディアはその傾向が知られてないケースも多いわけですが、まあ意外と見分けは簡単ですよ。週刊新潮とか週刊文春とかの大衆紙は売れるかどうかが至上命題なのでイデオロギーに支配されず、この雑誌はどういう立ち位置なんじゃ?と思う時もありますが。例えば文春の社長、松井清人有田芳生の友人ということでリベラル的かと思いきや、朝日などでは絶対伝えない報道もありますね。そういう意味では功罪ありつつも週刊誌として健全と言えるのかもしれません。週刊誌は新聞などと比べると論調が変わりやすいですが。

 

基本的には執筆陣を見れば大体判断がつくのですが、時に割と両陣営の論客出すメディアもあります。それが公平ならいいんですが、敵陣営を誤魔化すために敵陣営の人を出してる場合もあります。例えば「月刊日本」などは確かに保守系と言われる人を出すことが多いのですが、まあこれもやはり最少2冊も読めば十分似非保守の可能性が高いことは想像出来ましょう。そう言えば偽装リベラルってあるのかな。これは俺の不勉強かも。

 

私なりの判断の仕方ですが、まず系列会社、主筆の経歴、執筆陣の左右の比率等で判断。割と決めつけでいいです。その後その決めつけを確認作業してけばいい。

 

まあこのぐらいは誰でも出来る見分け方でしょうかね。さらにどうやってこれらから得た情報を活かすかとなると更に難しくなりますね。

習近平新時代中国特色社会主義思想と高考

中国や韓国への過剰な配慮を日本人に求める左翼の方々は愛国心を教育することなどを否定しますが、それらの国で愛国心を教育することは普通のことであります。愛国心教育の是非はともかく、彼らは中国韓国等での愛国心教育など、日本で行われれば彼らが気違いのように批判するであろうことを伝えるのが最低限の責任ではないでしょうか。

 

例えばちょうど一年ほど前、中国共産党第十九回全国代表大会というのがあり、そこそこ日本でもニュースになりましたが、そこで決められた「习近平新时代中国特色社会主义思想(習近平新時代中国特色社会主義思想)」の内容は既に高考(大学入試)で問われる内容であり、言うまでもなくその試験に於いて習近平を批判することなどは許されません。許されないというか点数が低くなるので、そんなことする馬鹿はいないでしょう。

 

日本で仮に例えるならば、センター試験安倍晋三の思想を問う感じでしょうか。そんなことを左翼でもリベラルでもいいですが、そういう立場の日本人は許すんでしょうか。絶対に許しませんよね。海外について伝えるべきことの優先順位は色々あるでしょうから、このようなことを必ずマスコミが伝えるべきとは言いませんが、中国韓国の仲間のようにすら見える上記の方々は絶対に伝えなければダブルスタンダードと言えるでしょう。

杉田水脈氏へのバッシングと稲田朋美氏へのバッシングの違い

headlines.yahoo.co.jp

 

第4次安倍改造内閣発足以来、まあ予想通り批判が多いわけですが、よく見るのは柴山昌彦文科相教育勅語に関することでしょうかね。上記の記事はその件を初めとして、様々な閣僚の”問題点”が指摘されております。その中でやはり暫く前から批判の嵐に晒されている杉田水脈氏に関係することも。例えば。

 

原田義昭 環境相
「杉田さんは自民党だけではなく国家の財産ですよ」
ジャパニズム』41(2月10日発売)

 

杉田水脈氏が国家の財産というような論は慰安婦問題に関心を持ってる保守層にはしばしば見られる言い方です。慰安婦問題について杉田氏が八面六臂の活躍をしていたことはよく知られたことであり、左翼が杉田氏を攻撃するチャンスを手ぐすね引いて待っていたことは容易に推測され、新潮の件はそのチャンスを左翼に献上してしまったとも言えるでしょう。まあこの件が最終的にどう転ぶかまでは分かりませんが。

 

さて、私が思い起こしたのは去年の稲田朋美氏へのバッシングです。あの件では今回の杉田氏への応援と異なり、保守層までも批判に回りました。確かに稲田氏にも反省すべき点はあったと思いますが、稲田氏が大臣に抜擢される以前は強烈に応援していた保守層も多かったと思います。もちろん大臣は、一議員の杉田水脈氏とは立場、責任も違いますし、両者には他にも色々違いがあるので単純に比較はできません。しかし「この人ならば!」と思った人ならばバッシングされてる時ほど支えるべきだと思うんですがね。まあ杉田氏は政治家と言うよりは活動家的側面の大きい人なので大臣とかにはならないと思いますが、仮になったとしたら、何かの瑕疵を見つけて見切りをつける保守層も多いのではないかと邪推してしまいます。

 

この先杉田氏がどう活躍されるかは分かりませんが、今応援してる人は今の気持ちを忘れないでもらいたいものです。

韓国観艦式自衛隊不参加決定を受けて

headlines.yahoo.co.jp

 

どうなることかと思っていましたが取り止めになるとはね。当ブログは保守系にしては韓国への批判は抑えめにしてましたが、やはり腹立たしいです。というか呆れてるというか。

 

現実的に日本と協力すべきかどうかよりも、意味不明な面子が大事というのは、李朝末期に明治政府との間に起こった書契問題を彷彿とさせます。

 

このように韓国朝鮮は国を過つことを繰り返すのかなとも思いますし、明治時代の日本人が怒ったのもこんな感じだったのかなとも思います。今はもちろん征韓論などは起こりえませんが、時代が時代なら戦争のきっかけになりうるぐらいの失礼さでしょうね。今はそんな時代ではないので距離を取りたいという方向でしょうが。

 

しかしこんなことも多くの日本人には大したインパクトにならないし、「旭日旗について改めて論ずるべき」とか「旗ぐらい下げる度量を見せるべき」という論調のマスコミに同調する日本人も多数だろうというのがエッチくんの見立て。

 

しかし明治政府のように軍事を利用せずとも韓国に対する強いメッセージを政府は出すべきだと思います。日韓慰安婦合意の問題で長嶺駐韓大使を帰国させた時、内閣支持率より遥かに高い割合の人が帰国させたことを支持してたことを考えれば、国内的に内閣が支持を失う可能性も低いと思うのですがいかがでしょうか。

玉城デニー氏の勝利を受けて

沖縄県知事選挙、玉城デニー氏が当選とのこと。最近サボってたものの沖縄の重要性を度々説いていた私としては非常に残念な結果となりました。色々と言いたいことはありますが二つ。

 

まず一つ目、特にエッチくんが言ってたことですが、今の沖縄の混乱をもたらした大きな原因の一つは鳩山由紀夫氏の例の発言であり、とんでもない人が政権に一度つくとこのように10年単位で禍根を残すことがあるということ。

 

二つ目。前回の知事選で翁長氏が勝った時に私は自民党復権以降注目していた選挙の中で一番悔しい選挙だと書いたんですが、その後の選挙の中で今回が一番悔しい選挙であり、沖縄の状況というのは想像よりも酷い状況であることを再認識しました。暫く沖縄の混乱は続くことになります。インターネット上では沖縄のことなんて見捨てろ的な発言も散見されますが、長い目で見て保守派はもっと地道に沖縄に力を入れるべきだと思います。考えてみれば半世紀近く左翼が力を注いでいた地域であり、それが今回の玉城氏の勝利にも繋がっていることを考えれば保守派も長期的視野を持って沖縄に力を注ぐべきだと言えるでしょう。