「台湾同胞に告げる書」その後

今年の初めに習近平主席が発表した「台湾同胞に告げる書」。改めてどういう影響があったのか考えてみます。

 

すぐに台湾の蔡英文総統が反論する談話を発表してたように、台湾側は反発し、支持率の下がっていた蔡政権を助ける形にもなりました。

 

にも拘わらず中国がこれを発表したのは中国人の大事にする面子というのが我々の思うより大きいからかもしれません。当たらず障らずみたいな日本のような国ではないんでしょう。

 

その後蔡総統はTwitterで日本語での発信を多くするなど日本への秋波を送っていましたが、これに対して日本政府は当然表立って取り合うことはありませんでした。

 

水面下では知りませんが、このやり取りを台湾人に聞くと、日本は冷たいという風にも受け取れるようです。

 

ところで最近アメリカが中国を牽制するため、航行の自由作戦や台湾旅行法など重要な動きを見せていますが、必ずしも台湾人がそれを嬉しい!と言ってるのを見ることもない気がします。

 

日米は台湾を陣営として守る意志があると思いますが、台湾人にはそれはあまり伝わってないんでしょうか。なんだか孤立感を感じてるように見えます。もちろんそこには中国の宣伝戦も効果を挙げてるんでしょう。

 

例えば昨年の国民投票東京オリンピックで「台湾」名で参加するというのが否定されました。なんで?と思ったんですが、どうやら台湾という名では参加させてもらえないので選手たちが可哀想という噂が広まってたようです。

 

しかも国際関係で孤立を深めてると思ってる割に国際関係に疎い人が多い。なんかねー。ちょっと心配になってます。

卑怯なやり方を繰り返す活動家たち

www.huffingtonpost.jp

 

近年界隈では知るものののいない望月衣塑子さん。彼女を応援する中学生が立ち上がったニュース。

 

ほんとうに中学生なのか、親が成り代わってるのかなど色々憶測を呼んでますね。

 

さてネット民たちが何故ここまで疑うのかと言えば、一つには望月記者に対して辟易してた人も多いことと、次に彼ら周りの人達がいかにも女子供を利用しそうな、というかそういう前科を繰り返して来たことからでしょう。「どうして解散するんですか」騒動など。

 

政治目的のためなら何でもする人たちにとっては此の程度のことは「だから何?」としか思ってないのかもしれません。

 

さてこのような手段を取るには人脈、資金、発想、企画など必要だともいますが、今回の件のような手段を保守勢力側が採ってるのかとうことです。

 

私も全てを知ってるわけではありませんが、情けないほどに保守勢力はこのようなこと出来てない。知ってる限りでは、靖国でやってたビラ配りに綺麗なネエチャンを使ってた例を一例知ってるぐらいですね。悪くないですが、弱くね?とも思います。

 

左翼勢力のやり方まで姑息にする必要はないですが。この場合は非対称戦争の形になってますよね。問題はこの非対称戦争を行ってる二者のうち、日本の左翼は弱者と言えるほどではないということ。ちゃんと正々堂々たる言論でやればいいじゃんと。

 

非対称戦争と言えばテロ組織ですが、日本の左翼活動家との類似性はどこから来るのかということですね。皆さんいかが思われますか?

山本太郎は左翼なのか

山本太郎氏、日本母親連盟を支持者の面前でぶった斬り! | ハーバービジネスオンライン

 

山本太郎はどの程度の影響力を持ってるんでしょう。久しぶりにニュースを見たので考えてみました。私がミュージシャンであることもあり、彼や窪塚洋介三宅洋平への応援演説などをYou Tubeなどで見てて気づいたことがあります。

 

youtu.be

youtu.be

インターネットでは山本太郎中核派と関係あるとかいうことで、単純に左翼と分類してる人が多いと思いますし、結果的に左翼と重なる部分も確かにとても多いんだけど、こういう動画を見てると、左翼というよりも陰謀論とかを簡単に信じる、思い込みの強い、ある意味で正義感に燃える人なのかなと思います。

 

人は結構簡単に騙される。そしてこのように言ってる人も思い込みで変な思考に走る。

 

私は皆が情報リテラシーを上げるしかないと思うんですが、そのようなある種の理想を見限った人たちは騙す側に回るんでしょうかね。

 

天皇陛下御在位三十年記念式典とはてなブックマーク

天皇陛下おことば 全文 | NHKニュース

はてなブックマーク - 天皇陛下おことば 全文 | NHKニュース

 

天皇陛下御在位三十年記念式典 について、別に国民皆が盛り上がる必要ないと思いますが、「今までありがとうございました」的な反応が普通だと思っておりました。左翼でも天皇に対しては極左以外は穏当な発言がほとんどだと思っておりました。また実際そうだったと思います。

 

私は流石にはてブコメントでも流石に大差ないと思っていたんですが、ここまで荒れるとは思っていませんでした。「民度」という言葉へのコメントが多くを占めているようですが。はてなに左翼が多いとは思っていましたが、ここまでとなると、もしかしたら彼らは下手するとそれこそ極左の構成員なのではないかとすら疑ってしまいます。

 

先日の当ブログのエントリーで慰安婦問題について書きました。実は過去最高のブックマークが付いたのですが、そこに書かれたコメントを見ても、まあはてブならこんなとこかなとも。。。

はてなブックマーク - 慰安婦問題についての海外の認識の一例 - 王蟲の子供

 

私は自分と同思想の仲間内からの情報だけに囲まれ、一般人から乖離することを戒めていますが、ノンポリ層の知人と話してても、流石に慰安婦問題について上記ブコメのような反応は今はまずあり得ないですよ。ここまで韓国の主張そのままの人は流石に。

 

以前よりははてなユーザーの偏りもなくなってきてるのかなと思ってたのですが、そうでもないようですね。

 

こういう行事にこんな記事を書くのも気が引けましたが。天皇陛下には感謝の気持ちしかありませんね。

韓国半万年と日本二千数百年

私はよく仕事をご一緒する人がもともと専門が歴史でしかも左翼的歴史観を持った人で、例えば桓武天皇の母親が半島からの渡来人の家系であることとか、韓国人のようなことをよく仰る方がいます。だから何?と私は思うのですが。敢えて言うなら女系天皇を認めるとこの辺の主張が強くなって鬱陶しくなりそうだなとは思います。

 

ところで保守系の人の動画や本を見ると、韓国半万年の歴史とか言うのを馬鹿にしてる人がいますが、そういう人たちが皇紀何年とか言ってるのを見ると、矛盾してない?とも思います。神話と歴史の関係というのも色々な考え方があると思いますが、やはり私はダブルスタンダードというのが嫌いなんですね。韓国半万年歴史と、皇紀二千数百年の決定的な違いがあるなら知りたいです。

 

私は岡田英弘さんが好きなのですが、彼の考えは少なくとも古代史に関しては日本の右翼とは決して相容れないものです。例えば岡田英弘応神天皇までを架空の存在としています。奥さんの宮脇淳子さんは岡田英弘さんの後継者を自認してますが、遥かに右翼的というとことは面白いですね。

 

こういう問題に関して保守の中で争いをするのは馬鹿馬鹿しいので私はいちいち余計なことを直接言ったりはしませんが、私の一貫した考えとして多数の人に対する印象というのを重視すべきと思ってますので、あまり「でもあの人右翼でしょ?」と片付けられないように気をつけるべきなんじゃないかと思ってます。

 

一方、韓国半万年はともかく、中国三千年だか四千年だか知りませんが、それもどうなの?というところがあるにも拘わらず、すっかり人口に膾炙し、誰も問題視しないというところを考えると、今は「右翼的」とされる言論も恐れず口にする人が多くなることで全体の世論も変わるのかなと思います。これは長い目で見れば、現在の日本政府が言うべきことも言えない姿を見て歯痒い思いをする、というようなことがなくなることにも繋がるのではないかとも思っています。そういう意味で私は居酒屋の隣の席で「右翼的」発言してる人を見ると嬉しくなるのです。

 

 いずれにしてもこのようなことは非常に判断が難しいですが、軽視されすぎてる気がします。気をつけてると思ってる人ですら、私に言わせれば出来ていない。多分私自身も出来てないんでしょう。

天皇謝罪要求について(ついでに情報のとり方について)

headlines.yahoo.co.jp

「元徴用工(嘘)」裁判、旭日旗問題、和解・癒やし財団の解散など、ここ数ヶ月の韓国の反日的行動にとどめを刺した感のあるレーダー照射問題。と思ったら更にムンヒサンによる天皇謝罪要求。これ以上ない侮辱を日本に向けたわけで、もう言葉もないわけですが、当然ここで皆さんが思い浮かべるのは李明博当時大統領による天皇謝罪要求でしょう。あれをきっかけに反韓となった人も多かったと思います。実際あの年を境に内閣府の調査でも韓国への親しみは大きく減ったとの結果が出てますね。

f:id:soloflight:20190215024859g:plain

実はこの李明博の件の時、私は3ヶ月ほど日本におらず、当時の空気感が分からないのですが、今回と比較してどうなんでしょうか。議長の発言よりは大統領発言の方が重いので、当時日本人が感じた反感の方が大きいのかなとも推測するのですが、ちょっと残念ながら私はよく分かりません。教えていただきたいものです。

 

日本人と言えど天皇のことなど普段気にしてない人が多いと思いますが、そういう人たちですら流石にこれはと思うでしょう。そういう意味ではやはり天皇は日本の象徴というのは名実ともにそうなんだなあと感じますね。

 

さて当然保守界隈は特に反発しているわけで、私も政治問題に関してはそちらよりのところからの情報が多くなってしまいます。前回も書いたようにどうやって情報を得るのかというのは世間と自分とのギャップを埋めるためにとても重要なことですね。ですのでなるべく私も自分とは違う意見の人のツイッターをフォローしたり、左系の媒体に目を通すだけでなく、巷の会話などにも聞き耳を立ててるわけです。当たり前ですが、ノンポリと熱の違いはでますから自分が人からどう見えるかというのが見えなくなりやすいですよね。ヤフコメとか見てるとそういうことが全く出来てない人が異常に多くて心配になります。

国韓国嫌い≒保守」なのか - 王蟲の子供

 

 

「中国韓国嫌い≒保守」なのか

タイトルの「保守」ですが、ここでは保守思想といった小難しいことは問題にしません。

 

良いことか悪いことかはともかく、左翼の人が嫌うような、中国や韓国に対する批判や、歴史認識に関して自虐史観を否定するようないわゆる「右」的な話を街の飲み屋などで、言わば普通の人が話してるのを聞くことも一昔前と比べて増えてきたと感じます。というか昔はほぼあり得なかったかと思います。

 

所謂保守勢力で中国韓国に対して警戒感或いは不快感を持っている人が多いのは確かであり、そうなると中国韓国嫌い≒保守という図式で捉えてるのも一理あると思われます。

 

例えば若い世代ほど自民党支持だと色々な調査の結果が出てますが、一方韓国が嫌いな人の割合は年配の人の方が多いという結果もあります。えっち君はその世代は北朝鮮が好きなんじゃないのという見方もしてましたが、いずれにしても「中国韓国嫌い≒保守」という印象は必ずしも全てに当てはまるというわけではないということになるでしょう。というかそう単純な見方をしてしまうとしたら多少偏った情報に接しているということでしょうから自分の情報の取り方を見直してみてもいいのかもしれません。当然ながら新卒求人倍率とか経済状況も大いに関わりますでしょうしね。

 

私の知り合いで韓国の反日的姿勢に怒ってる人で、(現時点では知りませんが)立憲民主党支持という人がいました。(立憲民主党ではありませんが)かつて民主党がどれだけ韓国に阿っていたかということは意外と知らない人も多いのかもしれません。

youtu.be

youtu.be

多分この動画のようなこと知ってる人ってほとんどいないんでしょう。だから韓国嫌いでも(立憲)民主党支持なんて人が現れるんでしょう。

 

これは私の想像ですが、最近は週刊誌などの紙媒体などでも韓国批判が多くなりましたのであまりインターネットを利用しない人たちにはその影響があるのかもしれません。一方そういう週刊誌でも安倍批判は大々的に行われてるので、韓国も安倍も嫌いってことになるのかなと思ったんですがいかがでしょうか。これに関しては色んな推測が可能でしょうかね。皆さんどう思われるでしょうか?