シリア人との会話2

シリア人との会話 - 王蟲の子供

 

続きです。そのシリア人の名前は一応仮名でアフマド君としておきましょう。アレッポの出身だそうです。アレッポと言えば石鹸ですがまあ今は非常に激しい戦闘が行われた地域となってるそうで。というわけでアフマド君は今イドリブというところにいるそうです。本当はシリアから出たいそうです。お兄さん二人は数か月前にトルコに出てアフマド君たちを待ってると。うーん、テレビのドキュメントでよくやってそうな感じですね。アレッポに戻りたいけどアサドたちが入る限り戻らないと。

 

アレッポは政府軍の勝利で戦闘は終わったことになっておりますが、その後政府軍による略奪なんかが酷かったとか。反政府勢力のいたところなら一般市民も反政府勢力と同じだという理屈のようです。

 

アフマド君はスンニ派のアラブ人ということでまあシリア人の多数派ということになると思います。アサドが嫌いと言っても政府軍と戦っているクルド人勢力はもちろんや他の反政府勢力を応援してるというわけはないようです。外国からの支援を受けている勢力がいっぱいあるので、彼らにも出て行ってほしいと。まあ外野としてはそれは無理じゃん?とか思っちゃうわけですが、まあ一シリア人の声としてそのままお伝えしております。

 

だいぶ前に中東の色々な勢力について調べたことがありますが、興味深いと言えば興味深いんですが、あまりにも複雑すぎますね。今シリア国内だけでもよく分かりません。いずれにしても反政府勢力が一枚岩でもなく、アフマド君の例からも分かるように一般市民の支持を得ているわけでもないので難しいですね。しかもアメリカがロシアやアサド側に譲歩してるという話もあるので今のところアサド・ロシア・イラン・中国側が優位ということでしょうかね。なんとなーくベトナム戦争と被るとこもありますねー。まあアフマド君にとってはかなりよろしくない状況ですね。

 

アフマド君の英語もあまり上手ではなく話題も難しいので上手く聞き出せないこともあるんですが、こうして書いててもまとまりがなさ過ぎるのでちょっとずつ分けてまた書いていこうかと思います。

シリア人との会話

ブログを初めて以来最長の非更新期間でしたが、この間あった様々なことについて思うところは色々あれどとりあえず全部すっ飛ばして、最近の趣味である外人との交流について書きます。

 

僕は徹底的にマスコミに不信感を抱いてますので海外のこともローカルの人から聞くのが好きです。もちろんローカルの人も様々な人がいるわけですので出来たら同じ国の人複数から聞きます。語学を勉強してる関係で台湾、インドネシア、中国の順に知り合いが多いです。なので特に台湾についてはそこそこの確度の情報をお伝えしてると思います。

 

他にも色んな国の人と交流しててますが各国一人二人とかだったりするのであまり書かないんですが、以前アフガニスタンの少年とメールしてた時は面白かった。残念ながら今は音信不通なのですが。

 

最近シリアの人と話したのでちょっと書きます。シリアの人と話したのは初めて出し、どれだけ信用できるかさっぱり分かりませんがたまにはね。

 

さてアサドさんは独裁者と言われており自国民をも虐殺してると西側諸国から非難されてるわけですが、アサドさんはこれをもちろん否定してるわけです。化学兵器での虐殺もアメリカがやってなすりつけた陰謀だと主張してたかな。以前書いた気がしますが。

 

この辺の反米主義者による陰謀論というのはすごく面白くてハマってしまう人の気持ちも分からなくはないです。ほんとに面白いからね。話はそれますが、陰謀論のタチの悪いところは、一部真実も含まれているため、その真実まで胡散臭く見えてしまうことだね。閑話休題

 

結局のところこの件でアメリカとシリアというかアサドのどちらが信頼がおけるかということを総合的に判断すると(裁判のように絶対的な証拠を個人で得られるわけもないので)まあアメリカだろうという結論になります。まあこれだけ言ったところで何の説得力もないけど、それはこれまで書いてきたことの積み重ねということで。

 

さてそのシリア人によるとアサドが自国民をも虐殺する独裁者だというのは本当で、一部彼を支持してるのは自分の利益だけ考えてる諜報部員や軍関係者だとのこと。多くの人は殺されたりするのを恐れて、もし聞けば「アサドは良い人だ」と答えるだろうと。わずかに本当にアサドを良い人だと思ってる人もいるかもしれないがごく少数だと。

 

陰謀論の立場に立てば彼が言ってることこそ反アサド勢力によるプロパガンダだということになるでしょう。

 

この話を聞いただけで鵜呑みにするほど初ではなくなってしまっているのですが、面白かったので。今後交流が続いて面白い話が聞けたらまた書くかもしれません。

 

しかし例えば北朝鮮の人とこういう話って出来ないんですかね。インターネット制限はあるんでしょうが。このシリア人によるとシリアでは政府の力の及ばないところでは制限はないということなんですが、まあ今回の話は話半分以下で読んどいてください。本当にシリア人かどうかすら確認出来ないんだからね。久しぶりの更新なのに失礼!

外国人の沖縄観と沖縄差別

「韓国は中国の一部だった」 東北工程と朝鮮族中国人 - 王蟲の子供

 

先日、中国の東北工程、まあ歴史戦の一つについて軽く書きましたが、日本ではこの作戦が沖縄とアイヌについて行われてるわけですね。しばしば外国人から沖縄とアイヌへの差別について聞かれます。は?まああったとしても、東京の人は冷たいとか、大阪の人は下品だとか、九州の人は男尊女卑だとか、そんなステレオタイプと同じぐらいでしょ。昔は多少あったという話も聞きますが(なんか武士の家系の人が沖縄の人との結婚に家から反対されたという話を聞いたことがありますがほんとか知りません)、いずれにしても実際以上に煽る人がいるのは確かでしょう。ちなみに同和についての差別について聞かれたことはありません。アイヌもほとんどいないんだから差別のしようもないんですがね。

 

言語学において、沖縄方言を日本語とは別の琉球語と位置づける動きが強くなっているようです。これが純粋に学問的に行われてるならいいのですが、どうでしょうかねえ。沖縄は日本とは別だという認識を広めようという政治的な匂いを感じなくもないんですよね。聞いて理解できないということなら津軽弁も別言語と位置づけないとおかしい。

 

確かに琉球王朝というのがあり、アメリカ統治下にあったりという歴史があり、独特の文化があるのも確かですが、感覚的にですが外国人からの質問が多くなったことに少し危機感を感じました。単に日本観光が増えて各地への興味も高まり、沖縄自身も観光客誘致のため独特の文化を宣伝してるという結果かもしれませんがね。

 

ついでにですが、沖縄の基地反対運動というと中国などをバックに左翼が先導してるという認識をしてる右翼が多く、恐らくそれは正しいのでしょうが、左翼とかでなく単純に外国の軍隊が地元にいるのは嫌だという人もいるのだということは忘れないようにしたいです。現状米軍の沖縄駐留は必要ですが、問題点を軽視して、沖縄は我儘だとか考えて溝を作るようなことは控えなくてはいけませんね。そんなことしたら沖縄はますます左翼の思い通りになってしまうかもよ。

 

ここまで書いて沖縄のハムさんから聞いたところによると昭和50年台、東京に出て来た時に沖縄と青森の人お断りという店がいくつかあったそうです。青森もということは先程書いた方言の問題が昔は大きかったのかとも推測されますがどうなんでしょう。実際に差別した人から聞かないと理由は分かりませんが。いずれにしても今はそういうのはないわけで基地反対運動してる人たちが主張するような「基地を沖縄に押し付けてること自体が差別だ」みたいなのは普通に聞いて説得力ないので気にする必要はないでしょう。何か具体的に差別を知ってる人がいましたら教えていただきたいです。

憲法記念日と宮沢ノート ~昭和天皇「これでいいじゃないか」~

憲法記念日、保守界隈では通称ゴミの日とも言われる日です。70周年だとかで議論も深まっていくことを期待します。まあ具体的にどうなるかは未知数ですが、ああしかし改憲なんてほぼ現実性がなかった頃から比べると隔世の感がありますね。中国や北朝鮮の脅威のせいで改憲の必要性を感じる人が増えたのも確かでしょうが、長いこと粘り強く改憲を目指して頑張ってきた人たちには敬意を表したいです。

 

憲法草案に「いいじゃないか」 昭和天皇の発言、メモに (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

まあ如何にもなタイミングでこんなニュースが。これを元に保守は天皇が認めてる憲法を変えるのか、天皇を大事にするという保守の立場と矛盾してるとか言ってくることは目に見えてますが、普通の保守は天皇の絶対権力なんて認めてませんよね。勘違いしてるんでしょうか?まあ天皇の発言を政治利用してるのは明らかにあちら側でしょう。

 

象徴天皇制ということについて色々意見はあるでしょうが、私の知る限り多くの保守は天皇は昔から絶対権力者ではなく象徴であったという考えの方が多数派だと思うんですがね。天皇の権力の程度は時代により変わりますが、明治憲法下だって立憲君主制だったわけで。

 

さんざん悪口言われてる自民党改憲草案ですが、大日本帝国憲法日本国憲法よりいいと個人的には思いますけどね。

https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

憲法は時代に合わせて変えるべきなのに現行憲法は全く変わってないのはおかしいという意見があり、私もそう思いますが、確か大日本帝国憲法も全然改正されてないですよね。一度決めたものはなかなか変えない国民性なんでしょうか。それとも単純に両方改正条件が高すぎるためか。

 

改憲論者でも日本人らしい日本人が作った憲法を望む理想主義的な立場と、例えば九条だけ変えればいいという現実主義的立場と色々ありますが、まあ私はどちらかと言えば前者でエッチくんは後者なのですが、理想主義過ぎて何も変えられないようなのは意味が無いので、短期的目標、長期的目標など見据えて考えたいですね。

台湾・香港の反中感情と韓国

ゴールデンウィークの社員旅行でエッチくんは香港マカオへと旅立ちました。台湾に対してはまあ政治関連の情報も比較的多いわけですが、香港となると意外とよく分かりませんね。政治関連というと2014年の雨傘革命の時に盛り上がったぐらいでしょうか。

 

雨傘革命に参加した学生から話を聞いたことがありますが、このブログに書いてたかと思って検索したけど書いてなかったようです。。。まあジャッキー・チェンとか中共の犬みたいな人は当然どの国にもいますけれども、基本的に特に若い世代は中国が嫌いな人が多いみたいです。私が聞いた数人の香港人によると「多分台湾人よりも香港人は中国が嫌い」とか「香港は中国に侵略された」とかね。

 

まあかように確かに台湾も香港も多くは中国が嫌いなのは確かなようですが、日本人にも中国共産党が嫌いなだけで中国人が嫌いなわけではないという人も結構いるように、台湾などにもそう考える人はいるわけです。

 

ましてや日台交流的なとこで韓国嫌いなどを彼らに共有してもらおうとする日本人を見ると、もうそれって逆に日本が嫌われそうな気がしちゃいますね。韓国が嫌いな日本人もどこまで公平な視点で情報を集めてるのか疑わしい人が多いですが、韓流なんて世界で流行ってないとか日本以外からも韓国は嫌われてるとか思ってるような人は明らかに情報不足ですね。正確な情報が適切な対応を生みうるのです。もうそういう人は日本嫌いな中韓人と大して変わらないんじゃないかと思うんですがね。少なくとも多くの人からの共感は得られないでしょう。

 

まあ個人的な信頼関係が築ければ話は聞いてもらえますので最初から「韓国ってこんなにひどいんだよ!君もそう思うでしょ!」みたいなのはね、普通は嫌われちゃうでしょうね。

半島有事について騒いでるのは日本だけなのか

 実際に番組を見てないので森本元防衛相が本当にこう言ったのか知りませんが、外国でも大きなニュースになってるところは多いです。ただもちろん国により、例えば国内で他に大きなニュースがあればそちらに取られる分が多くなるでしょう。でも南米でも知られてたり、意外と今回の件は遠くでも知られてます。確かに普通は遠いところには興味が薄いとは思うけど。

 

まあ僕と同じようなことを書いてる人は他にもいるけど、一応時間ない中でもほんまかいなと思うようなことは自動翻訳でもいいから現地ニュースを確かめるべきだね。発言の信用に関わるので。私の場合は趣味を兼ねて外人との交流を通して知る情報も多いのですがね。日本のマスコミはクソだけどじゃあ良いマスコミの国ってどっかあるのかなあと思うとなんとも。

 

時に海外の反応サイトみたいのありますけど、あれはあんまり良くないと思うんですよねー。恣意的なところや偏ったところを抜いてる点に関しては下手すると2ちゃんのまとめサイト以下かもしれん。

うるま市町選挙と八重山日報の本島進出

先週末にいくつか選挙がありましたね。テレビではフランスの大統領選挙についてが多かったでしょうか。まあルペンね。どうなるんでしょうね。ドイツやフランスの移民政策による苦労を見ても最近は同情する気持ちがなくなってしまいました。なんでしょう。冷たいかな。

 

個人的には遠い異国のことよりもうるま市町選挙で島袋俊夫さんが勝ったことのほうがよほど大事で。

うるま市長選、島袋氏3選 山内氏に5700票差 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

31,369対25,616ということですがまあ沖縄の現状では満足すべきでしょうか。。まあとにかく来年の知事選までは一個も落とさずに行きたいですので良かった良かった。ほんとに良かった。

 

せっかくなので沖縄の保守革新の裏事情で知ってることでも書こうかと思ったんだけど、頭がパンクしそうなほど複雑です。まあ狭い社会なので誰と誰が同級生で誰さんはバリ保守だけど息子さんがSealdsだとか、もしかしたら保守の皆さんがTwitterとかでフォローしてるようなそこそこ有名な人同士が超仲悪いとか。まあ関わってる人にとっては大問題だったりしますが、一般にはどうでもいいことで争いがものすごいのです。沖縄に限ったことではないんだけど特に沖縄はすごい。

 

そんなわけで細かい争いは置いておいてとにかく保守全体のパイを増やすということに注力すればいいですね。何度か同じこと書いてるかもしれませんがここ数年の選挙で一番悔しかったのが前回の沖縄知事選です。そこで勝てるような状況に持っていきたいです。そういう意味では八重山日報の本島進出は大きく期待したいところです。

八重山日報 公式ホームページ -yaeyama nippo official website- - 八重山地方の情報発信 八重山日報公式ホームページ