中国のNBA問題・その2


とうとうアメリカの象徴に謝罪要求で中国に無関心だったアメリカ人までもが激怒!

 

NBAの香港デモ支持問題から見る中国インターネット事情 - 王蟲の子供

前回、なぜNBAの問題が中国でこれほど問題になってるかよく分からないと書きましたが、YouTuberの妙佛さんの分析が面白かったのでご紹介。簡単に言うと姚明というバスケット選手が、日本でいうと昔の長嶋茂雄ぐらいのスーパースターで、それだけバスケは中国で人気があるってことです。さて、ではそれがどういう問題を引き起こすか。言うまでもなくバスケはアメリカで大人気のスポーツであり、全く政治に関心がなく中国と香港、台湾、ウイグルの問題なんて全く知らない人も多いアメリカ人がバスケを通じて中国とはなんとケッタイな国なのか知ることになる。更には中国がNBAの放映を中止しても、それをきっかけにVPNを使ってNBAを視聴する人が増え、それ以外の中共が遮断してる情報にも触れ、結果的に中共のおかしさを中国人たちが知ることになってしまうとの分析。

 

私が一番仲良くしてる中国人のLさんは。

f:id:soloflight:20191014225237j:plain

全く同じ見方をしてます。台湾、香港など中華系メディアではこういう論調がよくあるみたい。

 

また別の中国人Wさんの意見。これもほぼ同じようなもんですね。WさんはLさんほど親日反中と言えるほどのではないんだけど、現状の中国を冷静に見て非常に愁いてる人です。私の参加してる気持ちの悪い日中友好団体ではなく、こういうLさんやWさんみたいな人と日本の保守の交流団体みたのが出来たらいいなあと夢想してるんですけどね。

f:id:soloflight:20191017042222j:plain

 

さてインターネット上では反NBA、愛国発言ばかりの中国で実際に行われたNBAの試合。大入満員大盛況だったようです。

tw.mobi.yahoo.com

 

追記

そんな訳で風向きも変わりNBAの放映が再開された模様。逆にボイコットを呼びかける「愛国者」がカバンを調べられたりとかなんかしちゃったりして。全ての試合が見られるわけでもないようでどうやらロケッツの試合は見られないとかぐらいにして、中国のバスケファンの様子などを見てる模様。

www.chinatimes.com

 

一般中国人の歴史観

今日本ではマスコミ以外からも主にインターネットで多くの中国情報が得られます。頓珍漢なマスコミ情報も多いし、ネトウヨと言われても仕方ないような誹謗中傷に近いようなものもあれば、それなりに信用できる情報源(それを判断するのが難しいですが)もあると思います。

 

私の場合には中国語を勉強してるために日本語を勉強してる、或いは少なくとも日本にそれなりに好意を持ってる人との交流が多くその辺は皆さんそれぞれ差し引いて受けてってもらえればと思います。多分日本の現在の保守派に於いては比較的中国人に優しいので。

 

最近は反共的中国人の話をしてたことが多いので、今日は違うのを。

 

f:id:soloflight:20191013054649j:plain

これ書いたのは日本好きの20歳の大学生なんですけど、彼女によると小学生のころから中国の教師が教えるのは日本を恨ませるような内容だってことですね。色んな国に侵略されたが日本だけこういう風になるのは人体実験とか遊び感覚で中国人を殺したりしたからだと。今の日本人は関係ない。でもたまに日本の歴史教科書の歪曲が問題になると。

 

どうでしょう。イメージ通りですよね。中国に旅行して、暖かい歓迎を受け、「中国人大好き!」ってなってくる人もいるみたいですが、長い中国人との関係を持ってた人が歴史問題で関係が終わってしまった人もいます。中国は韓国と比べ私好きなんですが、やはりリスクを知った上で関わるべきでしょう。ネット情報に踊らされず直接触れ合うことで相互理解が深まると言う人もいますが、本当に深く理解するって難しいことだと思います。

 

NBAの香港デモ支持問題から見る中国インターネット事情

中国に関する情報は今は色々なところから得ることが出来ますが、当然中国では大ニュースが日本では小さなニュースにしかならないということもあります。最近ではNBAの問題。

jp.wsj.com

jp.wsj.com

www.bbc.com

www.afpbb.com

 

適当にリンク張りましたが、最後の記事から一部引用します。

プロバスケットボール協会(NBA)は、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)のダリル・モリー(Daryl Morey)ゼネラルマネジャーGM)が香港の民主化デモを支持する内容をツイッターTwitter)に投稿したことで起きた騒動に関して、言論の自由を擁護する姿勢を示した。 

 これが中国を刺激し、中国国内では大きな問題になってるようです。ロケッツのグッズをインターネットで売らなくなったり、韓国みたいなことやってます。よく知らないんですがポケモンにロケッツとかいうチームがあるらしく、そこまで風評被害を受けてるとか。これはもともと冗談で誰かがふざけていったもの一部の人が煽ったりとか。この辺のことはどこまで真実わかりませんが、とにかくネット上ではNBA批判一辺倒。愛国的言論がほとんどを占めているようです。

 

中国のインターネット規制国慶節や重要な日には特に厳しくなります。建国70周年なのと香港デモがあったせいもあるでしょうが。このように時期によって、後はどうやら地域によって規制の差があるようです。この地域差はどういう意図なのかよく分かりませんが、言論規制自体の問題というよりは中国制度上の問題かもしれません。まあこのような事情もあり、インターネット規制について多少知ってる日本人の話もバラバラだったりすることもあります。そんなこともあり中国の確度の高い情報を得るのは難しい。

 

中国のインターネット規制についてよく日本で言われるのは、中国では「インターネットで『天安門事件』というのを検索できない」みないのがあります。これは厳密には間違いです。中国で天安門事件を検索すると四五天安門事件の記事が多く出て来て、結果六四天安門事件については埋もれてしまうとかそういうやりかたもしてるようです。

 

なぜこのNBAの問題がこれほど大きな問題になるのか(多くの中国人がこの件について私に教えてくれる量からして大きいと判断してます)、未だによく分かりません。しかしこの件について理性的な中国人がだいたい一様に言うのは今の中国では愛国的言論ばかりが幅を利かし、インターネット規制も進んでいると感じてるようです。

日本右派と反共中国人のコラボによるフェイクニュース

香港の民主活動家たちとの距離感 ~無能な味方・幸福の科学~ - 王蟲の子供

上の記事で幸福の科学が香港のデモに対して迷惑を掛けてることを書きました。それに付随する話です。

 

記事名に書いた右派とは幸福の科学のことですが、私は日本の保守として彼らと同一視してもらいたくない思いは前回にも書いてます。というかほとんどの保守はそうでしょう。

 

さて幸福の科学が発行してるザ・リバティという媒体があります。その中の一つの記事が下のものです。

the-liberty.com

さて周庭さんの件でも言っていた自衛隊派遣の件ですが、これは飽くまで幸福の科学が、邦人保護のためにも、香港革命成就のためにも自衛隊を派遣すべきだという記事なのですが。。。ある反中共の中国人グループのSNSグループで次のような写真が出回りました。

 

f:id:soloflight:20191014202226j:plain

この見出しだけ見て大喜びした反中共中国人たちは驚喜して拡散しました。この幸福の科学から反中共中国人グループの流れの中で、一応フェイクニュースを意図的に悪意を持って流した人はいないことになるんでしょう。反中共中国人たちにはちゃんとネタ元を確認して全部の論旨を見ろよと思いますし、幸福の科学には周庭さんの件もそうですが、事態を混乱させるようなことは謹んでほしい。

 

前回も書いたように私はもう幸福の科学は敵とも思ってますが、意外と侮れないところがあるのです。宗教団体のため、金があるんでしょう。You Tubeなどでも金のない保守には作れないような動画をTHE FACTというチャンネルで公開してます。それらはですねー、結構いい動画も多いんですよね。多分その動画を幸福実現党と気づかず見てる人もいると思います。もしかしたらそういう動画を見て感動して幸福の科学とは関係なく保守活動を始める人もいるかもしれない。そういうプラスの面もある。マイナスの面がデカイので私は批判しますが。

 

高須克弥さんとかAPAホテルとか、金ある人たちがパトロンとなってTHE FACT程度の動画は作れるんじゃないんですかね?

アート界隈に於ける保守の絶望と希望 ~芸術は反権力なのか?~

先日、あいちトリエンナーレについて色々書きましたが、アート関係はああいうのばっかりなのです(というかああいうの以外の人は表現を自粛してますね)。

 

最近私が参加したイベントではひめゆりの塔を題材にした朗読劇があったのですが、苦痛で仕方がありませんでした。あれの何が面白いのか、何がアートなのかすら私は分からないんですが、ああいうのでもすごく良かったと言って帰って行く客を見ると何とも言葉がありません。今度はナチスと日本人の演劇とコラボします。

 

私の専門である音楽の方は、演劇や前衛芸術の方と比べるとかなりマシなのですが、飽くまでマシという程度です。例えば皆様にも一番わかりやすいのはフォーク系の人たちですね。先日見たのでも、MCで「最近中国や韓国と色々ありますけど、僕はやっぱり最終的にはアメリカが敵なんだと言われながら育った」とか言ってる人がいました。楽器の人より歌の人の方がそういうのが多いのは演劇も歌も言葉を使って表現するという共通項のためなんでしょうかね。特にフォークの人に多いのはベトナム戦争の時代の反戦歌の流れを組むというのもあるんでしょうけど。

 

西洋の「芸術」が入ってくる以前に日本の文化界にこれほど反権力的?思想はあったんでしょうか。よく知りませんけど、多分多くの日本人にとってはどうでもいい思想性と芸術の関係が輸入された結果、訳わからないことになってる気がします。日本近代の歪みの一つではないかなー。

 

まあただ仕事としてこなす分には、あまり考えないようにすればいいんですが、当然たまには「日本軍がこんな酷いことをした」みたいな話になることもあり、こんな空気の場になった時に「ワタクシ異論があります!」とか言えないワタクシはひたすら存在感を消しじっとしているか、せいぜい話を逸らすぐらい。

 

しかしこ~んな河原乞食のマニアックな世界以外では、変化も大きいことは皆さん実感する機会があるでしょう。リアルでも、最近知った日韓間の歴史問題について、知ったかぶりぐらいの軽さで言う人も増えてきてる気がします。単にその手の情報が増えたというのは大きいでしょうが、20年前にそんな内容のこと言ってたら、街宣右翼と同じように見なされ、お近づきにならない方がいい人と思われてたのではないでしょうか。

 

そんな状況が今では酒の席で

Aさん「もしかして君右翼?」

僕「うーん、まあそうっすねー(笑)」

一同「あはははは」

なんて冗談で交わせる状況って当時を知ってるものとしてはすごい変化ですよ。振り返ると当時、変人と思われ、社会的に何の得もない中で頑張ってきたパイセン方はやはりパイオニアとして尊敬に値すると思います。

 

私としてはやはり音楽界で戦って行きたいのですが、仕事に支障をきたしては戦うことも出来なくなってしまうので難しい。なんとか考えたいものです。

飲み屋の会話 ~それぞれの選挙事情~

立憲民主党関係らしき人たちの飲み会でうっすら聞こえた話。

「今後藤田さん結構危ないらしいよ。あそこ自民が割れて三つ巴になるかもしれないんだって。」

「今石破派はバンバン刺客を立てられてるみたい。」

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

蓮舫さんと福山さんが演説に来ると盛り上がるよね。福山さんのほうが・・・・・・・」 

選挙関連の話が多かったので選挙のお手伝いをする人たちなんでしょう。こういうのを見てるとやっぱちゃんと組織として機能してるんだなあと思いますね。私がかつて入党してた次世代の党とは比較にならない。逆に自民党とかだと自分の個が生かされずに終わりそう。立民ぐらいの規模だと意外とやりがいあるのかもと思っちゃいました。

 

ずっと聞いてるわけにもいかなかったのでこの程度しか聞けなかったけど、「頑張ろうぜ!」って感じで楽しそうでした。ああいう飲み会で出た提案が直接政治家に届くようでしたよ。結局あの人達は立民の中でどういう立場の人なのかイマイチよくわかりませんでした。

 

まあなんとなく羨ましいなあという感想なんですが、今からは私の邪推をもとに書きます。彼らはですね、コース料理で一番高いコースを注文してました。金あるなあと思ってましたが、予約の時の名前は労組の強い有名会社でした。たまたま金持ちなのか、労組系から出るのか、ついつい邪推してしましました。完全なる邪推です。ちなみに結構有名な労組系、連合に参加してるとこですね。あー、そう言えば立民と国民民主の関係の話もしてたのであれは聞きたかったなー。

 

政治の話をしてる点以外は会話自体も全然普通の社会人の会話で、それがむしろ私は不気味でしたねー。私も人が悪くなったのかな。

 

周庭さん黄之鋒さんの香港での評価

中国大陸人と香港・中共についての会話 - 王蟲の子供

 

中国人学生の一人Jちゃんが現在の香港問題をどのように見てる一例を上記のエントリーで紹介しました。しつこいようですが、彼女は私の知る限り平均的な中国人とは言えません。

 

今回はこれの続きとして。彼女は俺が香港問題に興味を持っているのを見て色々調べてくれたようです。親切ですね。まあ惚れてるからでしょう。

f:id:soloflight:20190906001506j:plain

f:id:soloflight:20190906001940j:plain

6月以前(デモ始まる前のことでしょう)は香港人による周さんに誹謗中傷がYou Tubeのコメント欄でたくさんあった。デモばっかやって真面目に学生してないとか、売国奴とか、色んなこと言われてた。

これだけを見ると私なんかは例えば五毛の書き込みかと疑ってしまうのですが、どうやらそうとも言い切れない模様。また今回のデモをきっかけに評価が高まったのかとも思いまして、この件について香港のやはり18歳の女の子Mちゃんに聞いてみました。

 

f:id:soloflight:20190908045758j:plain

周さんに対する批判はそれほどいつも見るものではない。黄之鋒に対する批判はすごく多い。香港人は周さんよりは黄さんのことを気をかけている。 

 では黄之鋒さんはなぜ批判されるのか。

f:id:soloflight:20190908050346j:plain

要するに雨傘革命の失敗は黄之鋒のせいだと思われてる。とは言え彼を支持する人もいるし、黄之鋒のことなど眼中にない人も多い。 

 

今回の運動の特徴はリーダー不在という点だと言われていますよね。

 

今回の香港の問題は複雑怪奇権謀術数なんでもありな感じでよく分からないのですが、 もしかしたら周さん黄さんは重要なプレーヤーではないのかもしれません。ただし、日本で特にクローズアップされてる周庭さんらがSEALDsと関係があるということについて私見を述べてきましたので、今後も注視してみたいと思います。