読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武藤貴也議員の件から考える次世代の党の戦略

最近話題に事欠きませんね~。何を書くか迷うので結局何も書かなかったりしますが、今回は武藤貴也議員のツイッター問題。

日刊ゲンダイ|自民・武藤貴也議員 「憲法が日本精神を破壊」の暴言で大炎上

左派はもちろん橋下徹も批判してましたがみなさんどう思うでしょうか。自民党の中でも谷垣さんとかから苦言を呈されたということですが、与党としてこの発言が政権にどういう影響を与えるかということを気にかけるのは当然だよね。

 

もちろん発言はこの程度が言論封殺されるのはどうなん?って話だけど。さてここでエッチ君が面白いアイデアを言ってたけど、こういうのは次世代の党の議員が積極的にやれと。現役議員ね。はっきり言えばこのままでは来年の参院選だって負けるし、名を売ることが一番だから。SEALDsと共産党との癒着とかもブログで有名な小坪議員とかは追求してるけど小さな会派の一地方議員ですからね。そういうのも次世代がやって自民はとりなすみたいなスタンス。

 

正直最近保守の人たちからも次世代の党の話を聞く機会が減りました。向く方向は同じでも政治的影響力の低下、要するに選挙で惨敗した結果にかなり失望してる人が多いんだと思います。最近では和田政宗さんの安保法制に関する国会質疑なんかは素晴らしかったし、やはりなんとか復活して欲しいのです。