読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国生活ご紹介

本日はわたくしがよく見てるブログを紹介したいと思います。一介の主婦の日常日記ですが、韓国人夫に嫁いだ日本人女性のブログです。

韓国生活 禁断の歴史話。

どんな情報もバイアスがかかってないことはないわけですが中韓憎しの人は2ちゃんねる系のまとめサイトばかり見て憎悪を募らせている方も多いと思います。僕はそういうまとめサイトも貴重な情報源だとは思ってますがあれはあれでバイアスが掛かってることも間違いないわけで、恐らく無関心層はそういうサイトの情報を鵜呑みにしてる人のことをネトウヨとでも思ってるんじゃないかな。なのでこういうサイトはとても貴重だと思いますよ。しかし安心してください。十分に韓国の反日っぷりはしっかり書かれてますから(笑)。

 

僕も中国や韓国は大嫌いですし、中国人や韓国人にも良い人もいるなんて当たり前のことを言うバカも大嫌いですが、中韓全否定みたいな感じで色眼鏡で見るのは逆に自分の足場を危うくすることもあると思います。なので中国韓国(もちろんどこでも)で何が起こってるかとかは常に視野を広く持つべきでしょう。

 

例えば中国で起こる反日暴動なんかは中共が雇った人がやらせてるそうです。だから一般の中国人に優しくしろと言うわけではなく、中共がどういうことをやるのかとか彼らのやり方を見なくてはいけないわけだよね。敵を知り己を知らばってやつで。まあこの情報も大連かどこかに住む日本人から聞いただけの情報ですがね。

 

一部の保守の人にはちょっとでも敵側を擁護するようなことを言うと過剰な反応をする人がいてさ、それって火病って言うんじゃね?とか思うよ。幸福の科学創価学会のももちろん僕は受け入れられませんが、沖縄の保守活動は幸福の科学抜きには語れないし、自民党公明党を切るリスクを甘く見てはいけないし、なぜ安倍ちゃんが二階を切れないのか考えないといけませんよね(二階を落選させたら共産党っす

二階俊博(小選挙区・和歌山県) : 衆院選2014(衆議院選挙) : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

そういうことが出来ないうちは今後も保守は内部分裂を繰り返し自らの足を引っ張り続けることになるでしょう。多分こういうこと書くだけで僕のこと敵視する保守いるよ。また逆に幸福の科学や台湾民政府に気をつけましょうねっていうとまた喧嘩ふっかけてくるのもいたり…。