読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘイトスピーチ法とバランス感覚

保守の戦略 司法

今更ながらヘイトスピーチ法に関してですが。これに関し当然反対する人も多く、またそれはそれで構わないのですが、ちょっと下の動画を見てちょっと述べておこうと思いました。下の動画というか動画へのコメントですかね。

youtu.be

 

西田議員の言ってることは、まあみっともないことはやめて常識的な節度を持ちましょう的なことですが、それでもこの法律に反対するのは繰り返しますが全然構わないと思います。ただそれで西田を落とせみたいに言ってる人がいるとか聞くのでちょっとそれはどうかと。

 

このことに限らず、少しでも意見の合わない人を敵視するのは左翼の内ゲバだけでなく保守も同じで。

 

革マル派中核派など酷い内ゲバを続けてた人たちが、反安倍とか改憲反対とかそういうので共闘してるように、多少意見が違っても協力できる人とはしなくてはいけないでしょう。

 

例えば日韓議員連盟に入ってるだけで売国奴扱いする人がいます。日中友好議連で中国に行った議員さんに話を聞いたことがありまして、確かに何の役にも立ってなさそうな気はしますが、だからと言ってそういうのを全部売国奴とか行ってたら世の中売国奴だらけであり、自ら孤立し、自らの影響力をも削ぎ、更には本来の敵を利することになりますね。

 

自戒も込めてですが一般的なバランス感覚というのは常に持っていたいものです。