読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西尾幹二さんと皇室に関する議論

先日西尾幹二さんの講演会に行ってきました。講演会の内容はともかく、西尾幹二さんは好きな保守論客の一人なんですが、その理由の一つは皇室に関しても批判すべきとこはするとこですね。

 

保守の中には皇室に関しては問題があっても敢えて苦言を呈さないという立場の人もいますね。竹田恒泰さんとか村田春樹さんとかそうだったかな。竹田恒泰さんは立場が特殊だから仕方ないかなと思いますが。

 

講演会ではその話は全くなかったんだけど、懇親会の話で西尾さんがひどく熱くなっている時があり、皇室の問題でした。はっきり言えば雅子様と皇太子殿下のことですね。いずれにせよ皇室に関してとても心配してるからこその熱さだと思われます。

 

個人的には今憲法改正が大きな目標と考えてますが、アフラちゃんなどは皇室が例えば女系を認めるなどの方向への文言を憲法に含まされる可能性を心配しております。その心配はないと思いますが、皇統が続く限り日本の火は消えませんので大事なとこではあるでしょう。そのことについてしっかり議論をしていく姿勢も必要かと思います。