読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原発支持の論理

今回の熊本の地震原発について主に反対派が声を大きくし、賛成派がちょっと反発してるという構図がまた繰り返されてますが。

www.change.org

www.change.org

有名なWEB署名サイトのChange.orgでも両者の立場のキャンペーンが立ち上がり、圧倒的に反対のキャンペーンへの賛同者が多いです。このサイトをしばらく利用してみた感じ、どうやら左翼側の利用者が多い、或いは上手にネットワークを構築してやっているように見えますが、まあそれを抜きにしても原発について何か意見を述べる時、反対の意見のほうが表明しやすいようです。

 

私の職業である音楽業界でももちろんそうで坂本龍一などが代表的でしょうが、有名な人でなくてもそうで、先日私の先輩もライブで反原発を表明したそうです。僕は少なくとも代替となりうる新エネルギーが出来るまでは維持すべきと考えてますが堂々とライブの場でそういうことは言いづらいですね。原発に限らず保守的意見はそういう傾向がありますが。ま、僕は言う方ですけどね。

 

原発を反対する人がよく「一部の政治家や電力会社が利益を得るために」みたいな物言いをしますがちょっとおかしいですよね。電力会社の利益という点で言えば原発でなくても利益が得られればいいわけで原発が止められたら他の火力発電などの分を多くし、コストが嵩んだ分電気料金に上乗せすればいいわけで(というか実際そうなってるわけですが)。

 

政治家や企業経営者などの所謂「上級国民」と揶揄される人たちが原発を擁護するのは当然で、例えば電力料金が上がれば企業の収支に大きな影響があるわけで、そういうことに対して責任のない立場の人は反対派になりやすいかもしれません。

 

そういう意味では上級国民ではない僕のような人間が原発に関して現実的な意見を表明するのは反原発派の人たちが原発維持派の論理を考えてくれるきっかけになることを期待したいですね。恐らく原発維持派の論理をほとんど知らないというか耳を傾けようとすらしてないと思うのでね。

 

ちなみに僕の意見は先程書いたとおりですが色々な関連問題を含め良い案があれば意見を変えるのに吝かではありません。当たり前か。