読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保守界隈の歪曲と偏向

hkennedy.hatenablog.com

 

以前から保守派の中に色んな要人の発言などを歪曲して解釈したり、事実かどうかを確かめずにFacebookなどで拡散している人たちを見て正直苦々しく思っていました。そういうのは反対派の人から揚げ足を取られますし信用問題にもなります。

 

なのでそういうのを検証するチームみたいのを作ろうと軽く提案したこともありますが賛同者が得られずそのままにしてあります。そういうのを見るとちゃんと検証するという最低限のことをしない左翼をどうして責められるのか分からなくなります。

 

しかしこういうことを言うと上の記事で書かれてるように内ゲバとかとられるのもよろしくはない。保守内での啓蒙というのは結構大変な苦労だと思います。直情的な人が多いのか水を差す人を敵視したりするし。普通なら関わらなければいいのだが大局的に影響力を持ちたいならば彼らのことも考えなくてはなりません。

 

まあ特に歴史認識の問題ですけどね。歴史認識は単なる誇りの問題だけではなくその他のそれこそ経済問題だって関係し来るので軽視してはいけないのですが、優先順位としてね。歴史認識の問題は時間をかけて詰める余裕はあるかな。

 

例えば災害に関しては優先順位は高くなるよね。興味の対象というのは人それぞれですが、大局的に見れる人が増えるようにしたいです。