読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾や米国から見る日本の安保法制

さて今ヨーロッパでは難民のニュースが大きいようですが、台湾ではどんなニュースが話題かご存知でしょうか。

m.ltn.com.tw

 

rocketnews24.com

AV女優の波多野結衣さんの悠遊卡、つまりSuicaとかPASMOみたいなもんですね、それが如何なもんかというニュース。まあどうでもいいニュースなんですが、随分話題なようで、ビビちゃんに話を振ったらもうその話は私にしないでくれってすごく怒ってました(汗)。他の大事なニュースが隠れてしまうし子供も見るニュースにこんなこと流すなって感じで。

 

さて一方日本ではやはり安保法案が一番でしょうね。まあどの調査を見ても今国会での議決に賛成という人は少なめなようで。このニュースを海外ではどう見ているのかということですが、例えば先日の国会前デモとかSEALDsのこととかハンストとか、海外へも発信されております。台湾では恐らく最近の教科書問題と関係付けて学生運動の盛り上がりとして取り上げていることが多そう。

 

よく言われるように中韓がどう見るかばかり気にするなという保守側の論調で言えば当然日本の今の動きに賛成してるとこが多いことは当然知らなくてはいけませんね。その上で反対はもちろんいいんだけど。

f:id:soloflight:20150906204322j:plain

 

多様な意見が許されるとはいえ、この問題に関し、中韓以外というか、日本を敵国とみなす国以外に反対する理由はないんですよね。前にも書いたけど僕は日本は世界一の反日国家だと思ってます。

世界一の反日国家日本 - 王蟲の子供

 

反対派の人の言うことの一つに自衛隊を危険に晒すというのがありますけど、自衛隊はこの法案に賛成だと公式には言わないでしょうが、自衛隊のモニターとして見てる限りは確実に賛成ですね。先日富士総合火力演習に行った時も、国名こそ挙げないものの明らかに中国或いは北朝鮮の軍拡を非難するような放送をしておりました。こちらもご参照あれ。

自衛隊第一師団創立五十三周年、練馬駐屯地創立六十四周年記念式典 - 王蟲の子供

 

話は戻りますがFacebookに台湾との交流のグループみたいのが沢山あります。それに参加してる人たちの中(まあなりすましも確実にいるでしょうが)でもたまに政治的な話題が出ます。その時は基本的に保守側の意見が多数になりますね。例えばこんな投稿がありました。

日本国憲法第9条改正」という事が最近日本国内の話題ですね。

台湾人として、国会前デモしている人々は何を考えていますか。
正直に言えば、分かりません。
ずっとアメリカに守られるつもりですか?

「軍隊正常化=戦争」その関連性はないんでしょう。
今の民主日本はもう以前の軍国主義の帝国と違います。
戻る可能性も全然ないんです。
他の国に疑われてもいいでしょう。
自分の国も信じられないんですか。

今ロシアや中国の野望は日々強くなっています。
僕さえその事実が見えます。
自衛隊はもう足りません。

多分日本の方にとって、外人が日本政治を批判する立場がありませんですが、僕は日本が大好きですこそ、日本が強くなって欲しいです。

これに対し、反対派の日本人は一人いましたが他はほとんど「あのデモに参加してるようなのは無知か外国人か売国奴だ」みたいな発言が多数。上の図では台湾が書かれてませんし、政府としては言ってないんでしょうが、国民の声としては関心がある人ならば支持する人が多数でしょう。日本に強くなってほしいと思っている外国は多いということも知っておきたいです。ビビちゃんもそうです。もちろん僕自身も日本が強くなることが世界の安定に寄与すると思ってます。アメリカの戦争キチガイも大概ですが中国が覇権国家になったらどうなるかね。憲法9条の理想を実現したいならばその道程を示さなければ全く無責任な話だと思います。

 

国会前デモなど数の問題もいろいろ言われますが、どうせ法案は通るんだからどうでもいいじゃんと舐めてばかりはいられないようです。あれは日曜日に行われたことからも国会議員に直接向けたものではないパフォーマンスですが、同盟国アメリカからどう思われるかということを考えるとね。だからもしかしたら3万なのか12万なのか35万なのかというのも大事なことなのかもね。

安保法案、反対デモの影響 米「日本が決める問題」~ホンネは「共に戦うことに反対なら勝手にしたら」|チャンネルくららのブログ