読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安保法案にたいする意識調査から考える

安保法案について意識調査によると違憲だとする意見が多く(とは言え憲法学者の割合ほどではない。学者というものへ過度の信頼が薄れているなら良いことかも)、それでも安倍政権の支持率が40%。意識調査は各機関でバラバラだけど一応これが大体正しいとして、まず合憲と思ってる人はだいたい安倍政権を支持してると考えられますわね。違憲とする人の中には違憲だから憲法を変えようという人もいるだろうから、内実はこれだけの意識調査では判断が難しいね。

 

よく強行採決がどうたら言う人は強行採決って何なのか解ってるんだろうかと思う。一内閣でこんな大事なことを決めていいのかとか言うけど二内閣、三内閣ならいいのけ?しかもそれを言うなら今の内閣は第三次安倍政権でっせ。安倍さんが憲法改正を悲願としてることを知ってて彼を選んだんでしょう。安倍さんはどうやってマスコミや野党の妨害を掻い潜って目的を達そうとしてるのか分かりませんが第一次の時より逞しく強かになってるのは確かだよね。

 

今は最近の中では難局と言える局面と思いますがこれを乗り切れれば安定政権となれるかもね。

 

ところで近年の日本の総理大臣の中では小泉さんの次ぐらいに有名っぽい(台湾の複数の友人から聞いただけですが)。特に期間と比したらなかなかのものだね。外交頑張ってるせいか、中韓あたりがネガキャンしてるせいかはしりませんが。台湾の友達によると習近平が安部総理とムスッとした顔で握手した時、日本人的感覚では大人気ないなあと感じたけど、中韓の人たちはよくやった近平!って感じで大喜びしてたらしいです。安倍さんがムスッとしてたら日本人としても安倍さんは大人気ないなあと感じただろうと思うけど、こういうとこにも価値観が違うんだなあと感じますね。