読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

維新の党と民主党

橋下徹と言えばかつては慰安婦問題や対朝日、対日教組などで保守に人気があったもののだんだん化けの皮が剥がれてきた的に思われてると思います。まあ鼻の効く人は早くから訝しんでいたようだけど。それでもまだ橋下支持者というのもいっぱいいて、それはそれでいいんだけどネット上で少し気になることがあります。

 

前にも引用したこの動画ですが、どこがフルボッコなのか全然分からない。

youtu.be

大阪都構想はもちろんメリットデメリットあるんでしょうし、はっきり理解するのはかなり難しいと思いますよ。それにも関わらずここで都構想を支持するコメントが多いのが気になる。かなり決め付け的なコメントが多い感じもしてね。出来たらコメントだけでも見てほしいところですが。

 

都構想は置くとしても維新に対して最近はかなり警戒心を持ってしまいます。まあそれこそ偏見とも言えるので今後詳細に見ていかなきゃいけないでしょうが、そもそも次世代の党と別れた時点で中の人ほとんど民主と変わらんじゃないかとか言われてるし、保守リベラルを超えてみたいなお題目はかつての民主党もそうだったよね。言ってる政策はかなり玉虫色。

 

改憲勢力という点ではキーになる党かもしれないので扱いが難しかろうなー。まあ次世代の党も経済政策なんかは滅茶苦茶だとも言われてるし、都構想だけで維新を判断するわけじゃないけど、人が信用出来ないんだよね。江田憲司もそうだしさ。