読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルケル首相の慰安婦問題言及に関しての左翼系御用学者和田春樹のご意見

慰安婦:独首相発言巡り日本政府と野党が攻防 - ライブドアニュース

海外のメディアや要人の声を国内へ歪めて伝えるという構図はもうしょっちゅう目にしてきましたね。最近では岡田克也メルケル首相の会談での慰安婦問題に関する問題が取り沙汰されてますが、上記の朝鮮日報の記事で出てくる和田春樹というのは朝日新聞などにもよく登場する左翼御用達の東京大学名誉教授であります。

 

 一方、東京大学の和田春樹名誉教授は本紙の電話取材に対し「メルケル首相は来日中、日本政府の歴史問題へのアプローチに対し懸念を表明し、その核心が慰安婦問題だという点を、誤解の余地がないほど指摘した。それを知らないはずがない菅長官があのような発言をしたのは、安倍政権が国際社会の批判に対し圧力を感じている表れだ」と語った。 

 この人は独島を韓国領と認めるべきという主張をしてる人です。竹島という言葉すら使わんのかい。もちろん河野談話継承、辺野古移設反対。学者というより市民活動家としての活躍がメインのようです。

 

左翼活動家というのはインターネットもしっかり使いますね。change.orgという署名サイトを見たことがあるかと思いますが、左翼系が非常に強いですね。河野談話継承を求める学者の署名とかもあります。千数百人学者だけで集まってしまうって凄いねー。

 

河野談話に関する経緯がここまで明らかになって尚継承すべきという人たちってもちろん確信的反日もいるわけだけど、心底自虐史観に染まってる人というのもいるんでしょうね。知り合いの保守の女性の旦那は朝日新聞を再契約したそうでその女性はすごく怒ってましたが、とにかくそういう人とは話し合うことは不可能なんだろうなと感じます。

 

話がそれましたがこの記事は朝鮮日報なので推して知るべしですが、マスコミに出てくる学者というのはニュースを読む時は必ず名前をチェックしとくといいですよ。例えばあまり政治的じゃないものにでもこっそり沖縄独立論者なんかが出て来ます。NHKなんかもよくやりますな。