読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石堂順子の神会見を擁護する『女性自身』

石堂順子さんの神会見を擁護する記事が現れました!よしっ!頑張れ!


後藤健二さんの母・石堂順子さんは会見時に錯乱状態だった? - ライブドアニュース

さあ擁護したのはどこでしょうか。女性自身。ふむふむ。というわけでこういう時には女性自身の傾向を調べてみましょうね~(ルンルン♪)

f:id:soloflight:20150127203937j:plain

 


女性自身が捏造記事!安倍首相はFacebookで訂正要求も光文社は拒否し電話抗議多数! - NAVER まとめ

宮内庁からも度々抗議を受けてるそうです。

 

関係ないけど序だから同じく週刊誌の例。


外務省関係者 後藤健二氏めぐりISと解放交渉を行なっていた│NEWSポストセブン

このの記事もなんか変なんじゃね?と感じてほしいところ。要するに外務省を叩いてるだけなのかな。外務省は何をすればよかったと言いたいんだろうね。外務省には問題が大有りなので(俺の友達が公務員で外務省に出向してたことがあるんだけど外務省には仕事がないって言ってた。その話をある政治家さんに言ったら外務省は仕事がないんじゃなくて仕事を知らないんだとのこと)それはいいんだけど、週刊ポストがなぜこのようなことを書くのか。湯川さんより後藤さんへの身代金要求が先ってのも変な話だよね。まあ家族に先に請求がいってるのからおかしいけど。事実ならばどんな裏があるんでしょうね。まあ記事の妥当性は留保しますが、こういうことを感じたら一応週刊ポストを調べましょうと。

週刊ポストの安倍たたき 何を書いてるかの前にどこが書いてるか - 王蟲の子供