読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の基地問題を考えるということ

沖縄

個人的に去年一番の関心事は沖縄知事選だったのでまああの結果にはとことん凹みました。ネット上でも「いい加減にしろ沖縄」的な意見が多いですがまあ結局よく問題を理解して投票してる人が少ないというだけなので県民を責めても仕方ないのかもね。ハムさんのように沖縄の言語空間は中国以上の酷さだと言う人もいるしね。それでもほんとにがっかりでしたが。まあめげずにこれからも沖縄のことは度々採り上げていきたいと思ってまーす\(^o^)/


「辺野古移設「許さない」、沖縄・翁長知事 年頭挨拶」 News i - TBSの動画ニュースサイト

話は横道にそれますが2ちゃんねる系のまとめサイトというのは色んなニュースに対して色んな意見が見れて役に立つんですが、2ちゃんねるというだけでもう見向きもしない人もいるのでこのブログではあまり直接シェアすることはしません。例えば保守速報とかそういうのは保守の人は勝手に見るからここで紹介する必要もないしね。しかし今回はその「いい加減にしろ沖縄」の声がどんな感じが一応見てもらいたいので張っておきます。


沖縄 翁長知事 「経済発展の最大の阻害要因はアメリカ軍基地だ。日本の安全保障は日本国民全体で考えろ」 : 大艦巨砲主義!

まあ翁長はが中共べったりなのは保守の人には常識でしょう。ほんとにこの野郎と思うね。すんませんまた横道にそれますが、誰かと話をしてる時、例えば僕はミュージシャンなわけですが「サラリーマンじゃないお前には分からないよ」的なことを言われたりすることはあるわけです。沖縄の基地問題に関して誰かと話してると「沖縄の人じゃないと分からないこともあるんじゃない」とか言われてもう話が進まなくなったりします。福島のこととかもそうかな。沖縄の人も福島の人も色々なんだけどー。

 

基地問題は日本全体の問題として考えなきゃいけないのは翁長の言う通りなので他人事で済ませるわけにはいかんのだよね。サラリーマンじゃないから分からないことはサラリーマンから学びますし沖縄のことは沖縄の人から聞きます。しかし一番大きな問題はやはり沖縄の言語空間ですよね。朝日新聞すら右に見える沖縄の言語空間で県民すら沖縄の実態が分かってない。

 

沖縄のことは沖縄の人しか分からないよとか言ってると突き詰めるとみな自分のことしか分からないことになるのでまあそういうことは言わずに話しあいましょうや。政治の話をタブーにしすぎたことが大きな問題だよね。民主主義が成り立ちませんぜ。むー正に保守の愚痴って感じだね~。

 

以下は上の記事のコピペ

 辺野古移設「許さない」、沖縄・翁長知事 年頭挨拶

Play this video

 沖縄県の翁長雄志知事は5日午前、年頭の挨拶で、アメリカ軍普天間基地名護市辺野古への移設に反対していく考えを改めて強調しました。

 「県民が心を1つにして普天間基地の県外・国外移設、新辺野古基地の建設は許さないということを国内外に向けてしっかりと働きかけていきたい」(沖縄県 翁長雄志 知事)

 沖縄県庁職員に対する年頭の訓示で翁長知事は、普天間基地名護市辺野古への移設に反対する考えを改めて強調し、今後、日米両政府に直接働きかけていく考えを示しました。

 移設阻止に向け、翁長知事は仲井真前知事による辺野古の埋め立て承認の取り消しや撤回を検討するための専門家チームを今月中旬にも発足させます。

 このほか翁長知事は、「アメリカ軍基地は沖縄の経済発展の最大の阻害要因だ」とも指摘し、「日本の安全保障は日本国民全体で考えてもらいたい」と訴えました。(05日13:38)