戦争と占領政策

叔母は機銃掃射を受けた経験を笑って話していましたが、戦争とはそういうものと言えばそういうものかもしれません。しかし占領政策によって残された禍根は早々に取り除くべきです。